人権尊重と社員の働きがい

人権尊重と社員の働きがい

社員とともに持続的に成長することを目指し、最も貴重な財産である人材に関する取り組みを進めています。具体的には、公平で公正な人事制度の導入、社員が成長し続けることができる人材育成制度の設計、多様性と多面性に満ちた人材が活躍する職場環境の構築など、さまざまな視点で社員が働きがいを持ち活躍できるような環境づくりに努めています。

人事制度

当社グループでは、一貫性のある公平で公正な制度導入による一体感の醸成と、グループの持続的な成長を促すことができる人材の維持・確保を目的として、2018年4月にグループとして統合した人事制度(等級・評価・報酬・福利厚生)を導入しました。
この新人事制度は、企業理念である「THE ROUTE」およびグループの目指す方向性である「成長志向」「ひとつの会社・ひとつの経営」「全体最適」を踏まえて、人事制度の基本方針を掲げています。
役割・成果主義により、社員のモチベーションアップにつなげるとともに、組織や個人の成長を促していきます。また、福利厚生においては社員が安心して働き続けることをサポートするプログラムを提供しています。

人事制度

人事制度

人材育成(キャリア開発)

人材育成を全社横断的な教育(社員の成長・ステップに合ったスキル・知識の習得)と専門的な教育(各部門での業務遂行に必要なスキル・知識の習得)に大別し、各担当部門がテーマに沿ったトレーニングプログラムを企画、実行しています。教育の手法としては、①受講者の知識・能力向上につながる集合研修、②人材育成のキーマンである所属長に対するOJTサポート、③社員が自分の環境に合わせて自ら学べる(自己啓発)環境の整備を実施しています。

人材育成(キャリア開発)

人材育成(キャリア開発)

人材育成(評価制度)

当社グループの評価制度は、「業績向上」と「人材育成」を目的としています。制度は、担当業務における課題の達成度を評価する「業績評価」と、社員として相応しい行動を評価する「行動評価」の2つの軸で構成されています。社員一人ひとりの活動を正しく評価し、評価に対する納得性を高めるために、年間を通じて上司とメンバーが定期的に面談を実施しています。
今後も、社員が継続的にパフォーマンスを発揮し、それに対して会社が適切に報いる取り組みを推し進めていきます。

人材育成(評価制度)

人材育成(評価制度)

人権啓発推進への取り組み

人権の尊重は企業活動の基本であり、私たちが事業を行っている地域社会の持続可能性を実現するために人権ポリシーを定め、人権尊重の徹底を図るためにさまざまな人権問題に関して、積極的に啓発活動を実施しています。啓発活動では人権尊重に向けての理解を深め、感覚を養うため、階層別研修やe-ラーニングおよび社内ネットワークを利用した情報共有などの取り組みをしています。人権問題を自らの課題として受け止め、他人を思いやり、常に相手の立場に立った行動ができる社員育成および活力ある健全な職場環境づくりを目指していきます。

ダイバーシティ(インクルージョン)の推進

当社グループでは、社員一人ひとりの人権や個性を尊重し、多様な価値観やアイディアを積極的に取り入れ革新を生み出し続けることが重要であるとし、ダイバーシティ推進に積極的に取り組んでいます。

CCBJHグループダイバーシティ推進

CCBJHグループダイバーシティ推進

基本理念

当社グループは多様性を認め建設的な議論を行いながらダイバーシティを推進することで品格を備えたエクセレントカンパニーを目指します。

中長期ビジョン

当社グループは、社員一人ひとりの多様性を尊重することで、性別、年齢、障がいの有無、国籍、性的指向等の属性によらず、すべての社員が能力を最大限に発揮できる機会を提供します。そのことにより、変革・革新を生み出し、価値創造につなげ、競争力を高めた品格を備えたエクセレントカンパニーとなります。

2020年までの取り組み方針

人権尊重を基盤とし、女性および障がい者の活躍推進を活動の柱とします。

女性の活躍について

ダイバーシティの属性のひとつである女性の活躍を推進することで社内のあらゆる場面で女性社員が活躍し、多様な価値観・視点が事業活動全般に反映されることを目指します。

障がい者の活躍について

グループ全体の障がい者雇用を促進するために、障がい者雇用課を設置し、積極的な活動を展開しています。

労働安全衛生の取り組み

「安全と健康はすべてに優先する」という考えのもと、当社グループで働くすべての人の安全と健康を守るとともに、企業としての社会的責任を果たすことが、事業継続の根幹と位置づけ、相互信頼と実践に基づく安全文化の創造と醸成に取り組みます。

労働災害管理・車両事故管理

災害・事故を未然に防止するために、「不安全行動の排除」「不安全状態の除去」をキーワードに活動します。職場全体での安全意識の向上や社員一人ひとりの安全行動・安全運転の定着への取り組みを行い、各職場での災害ゼロ・事故ゼロを推進します。

働き方改革

当社グループでは、社員一人ひとりが能力向上を図り、生産性と業務品質を高めることでワークライフバランスを充実させるとともに、社員が健康でいきいきと働くことができる職場を実現するために、積極的に働き方改革に取り組んでいます。具体的には、フレックスタイム制など柔軟な勤務制度の整備や、在宅勤務やサテライトオフィスといった働く場所にこだわらない多様な働き方の実現、勤務終了後に一定時間以上休息時間を確保する勤務間インターバルの導入といった仕組みの整備にあわせ、早帰りや休暇取得促進といった社内風土改革をグループ全社で進めています。

当社グループで展開(および展開予定)している各種制度/施策

●フレックスタイム制度  ●直行直帰
●在宅勤務/サテライトオフィス  ●ノー残業デー
●勤務間インターバル  ●子の看護休暇/介護休暇(有給)

従業員の状況(2017年12月31日現在)

従業員の状況(2017年12月31日現在) 従業員の状況(2017年12月31日現在)
※1 従業員数は派遣社員、インターン(その他)を除くすべての従業員区分が対象。
※2 2015年度の新卒採用者数から、2017年末までの退職者数を除いた現在の在籍割合。
※3 障がい者雇用率については、2017年度における旧事業会社ごとに掲載しており、旧事業会社ごとに管轄の公共職業安定所長あてに提出している「障害者雇用状況報告書」(2017年6月1日)に基づいています。旧事業会社の名称は次のとおりです。
CCW:コカ・コーラウエスト(株)、CCEJ:コカ・コーライーストジャパン(株)、四国CCBC:四国コカ・コーラボトリング(株)、CCWV:コカ・コーラウエストベンディング(株)、CCWSS:コカ・コーラウエストセールスサポート(株)、FVEJ:FVイーストジャパン(株)、WEX:(株)ウエックス、NNB:西日本ビバレッジ(株)、FVC:(株)エフ・ヴィ・コーポレーション、CCWES:コカ・コーラウエスト販売機器サービス(株)、CCWP:コカ・コーラウエストプロダクツ(株)、CCBSC:コカ・コーラビジネスソーシング(株)、CCCMC:コカ・コーラ カスタマーマーケティング(株)

健康管理

CCBJIグループで働く従業員の「健康保持・増進」は、重要な経営課題の一つと考え、「Road to 100」100歳でも元気な体でいられることを目指し、「健康第一」の企業風土を醸成していきます。
この取り組みは、代表取締役社長のカリン・ドラガンが「健康経営責任者」として指揮し、人事・総務本部長の上村成彦が「健康経営推進責任者」として具体的な施策の立案・実行を推進していきます。

コカ・コーラ ボトラーズジャパン健康宣言

『Sawayaka Style』
~“Road to 100” 100才でも元気な体を目指して~

コカ・コーラ ボトラーズジャパンは、みなさまの日々の暮らしに寄り添う企業として、常に健康を第一に考え、幅広い世代のニーズと嗜好に合った価値ある商品・サービスを提供します。
そのためには、社員自らが活動的かつ健康的なライフスタイルを送り、安心して・楽しく働くことが大前提であると考えます。
社員一人ひとりが自律的な健康保持・増進活動を行うことを責務として認識し、会社と健康保険組合が一体となって健康保持・増進に向けたあらゆる取り組みを進め、「健康第一」の企業風土醸成をはかります。

※Sawayaka Styleとは
様々な個性や前向きな考え方を歓迎・尊重することで、互いに気持ちよく仕事ができる環境を作っていく活動の総称。

CCBJIグループの健康課題(社員のライフスタイルに関する意識調査を実施)

・運動習慣に課題があると感じている社員:73.2%

・食事習慣に課題があると感じている社員:73.2%

・睡眠習慣に課題があると感じている社員:57.5%

・喫煙習慣に課題があると感じている社員:42.7%

これら課題に対し、私たちは「Sawayakaチャレンジ!!」と称して、生活習慣の改善に繋げる取り組みを推進し、社員の自律的な健康保持・増進に繋げます。

Let's Sawayaka チャレンジ!!

課題

・「Sawayakaチャレンジ!!」は生活習慣を5つのカテゴリーに分類しそれぞれ取り組んでいきますが、運動促進施策としては全従業員参加型のウォーキングイベントを年2回実施します。

・また、これらチャレンジを通じ社員の生活習慣改善意識を高めることで、特定保健指導の終了率についても2023年には70%(2018年比+53%)まで高めます。