コカ・コーラシステムのサスティナビリティーフレームワーク

コカ・コーラシステムのマテリアリティ

2019年、日本のコカ・コーラシステムは、サスティナビリティーのグローバル目標達成に加えて、日本独自の課題をベースにした戦略を立案し、コカ・コーラシステム共通のアクションプランへ落とし込むことを目的に、サスティナビリティーの課題抽出と優先順位特定のための大規模な共同調査を行いました。その結果、「多様性の尊重(Inclusion)」「地域社会(Communities)」「資源(Resources)」の3つのプラットフォームと直近に取り組むべき9つの重点課題が合意されました。

サスティナビリティー活動の目的と戦略

サスティナビリティー活動の目的
  • コカ・コーラシステムは、環境や日常生活、 私たちを取り巻く地域社会などの各場面で、日本が直面する重要な課題に対し、ビジネスを通じて変化をもたらし、さわやかさを届けながら、未来を共創していくことに責任を持って取り組みます。

3つのプラットフォームと9つの重点課題

3つのプラットフォームと9つの重点課題

3つのプラットフォームにおける持続可能な開発目標(SDGs)との関わりを検証し、SDGsの達成も目指すことで、社会課題の解決に貢献します。日本のコカ・コーラシステムは、9つの重点課題をもとに、さらに具体的なアクションを再構築しています。
また、活動の進捗状況や成果は、引き続きWEBサイトなどを通じて定期的に報告すると同時に、NPOや外部専門機関、有識者など第三者意見を取り入れ、時代に即した活動に取り組みます。

サスティナビリティーフレームワーク特定プロセス

課題の抽出(1)外部調査により日本国内の社会課題を抽出

SDGs関連レポート・指針、消費者団体・小売業者・NPO・学術団体・ESG投資家といった外部ステークホルダーインタビューを含む外部コンサルレポート、ISO26000、官公庁レポート、外部コンサルタントのベンチマーク調査などから抽出された各種社会課題を分類化し、189の課題を抽出しました。

課題の抽出(2)189の課題を33項目に絞り込み

さらに抽出した189の課題は、「再生可能エネルギー」「高齢化社会」などの一般的な共通項目ベースで33の項目に絞り込みました。

課題の抽出(3)33項目をマテリアリティ・マトリックスにプロットし、重点課題15項目を特定

のプロセスで選定した各33項目の重要度を5段階で評価し、縦軸に日本の社会にとって重要な項目を、横軸にコカ・コーラシステムにとって重要な項目をプロットし、社会的に重要性が高く、かつコカ・コーラシステムのビジネスとの関連性が高い15項目を特定しました。

マトリックス内で「優先度の高い」トピックを抽出

コカ・コーラシステム内におけるインタビュー実施とアップデート

さらにコカ・コーラシステムにおいて、日本コカ・コーラとコカ・コーラ ボトラーズジャパンのマネジメントおよび若手社員総勢のインタビューやワークショップで特定された重点課題4項目を加えて、19項目にアップデートしました。

2019年実施のワークショップ

3つのプラットフォームと重点課題9項目を特定

重点課題19項目は、日本コカ・コーラおよびコカ・コーラ ボトラーズジャパンのマネジメントとワークショップ形式のディスカッションを経て、今後10年間変わらないと想定される「多様性の尊重(Inclusion)」「地域社会(Communities)」「資源(Resources)」の3つのプラットフォームと直近に取り組むべき9つの重点課題(マテリアリティ)が合意されました。

INTERVIEW
企業価値最大化に向けた共創価値(CSV)の推進

執行役員 最高経営改革責任者
兼 経営改革本部長
荷堂 真紀

Q1 経営において「サスティナビリティーフレームワーク」とは、どのような位置付けでしょうか?

「サスティナビリティーフレームワーク」は、持続可能な社会を実現するための社会課題に取り組むことに会社がどのようにコミットしているかを内外に示しています。私たちは飲料メーカーですから、きれいな水や持続可能な環境がなくては生き残れません。それは私たちが事業を始めたときから常に解決すべき課題として経営の土台にありましたし、経済的成長のために最近追加されたミッションではないのです。空気や水が生命維持に必須であると同様に企業が成長していく上でのファンダメンタルとなるものです。

Q2 「サスティナビリティーフレームワーク」を推進するためにどのような体制を構築していますか?

2019年に発表した中期経営計画で基本的なサスティナビリティー計画を発表しました。 ちょうど海洋プラスチックごみ問題が世界的にクローズアップされていたときで、私たちはPETボトル問題を強く認識し、ザ コカ・コーラ カンパニーが掲げる「World Without Waste(廃棄物ゼロ社会)」の実現に向けて取り組みを始めていました。

各事業部門においても、独自に社会課題解決に取り組んでいましたが、全体から見ると、たとえば水資源の削減を追求するあまりエネルギー資源増加につながるなど、コンダクター不在の問題が見えてきました。そこで今は、各チームを横断的に見通して「計画・立案・モニタリング」などの一貫戦略を行う経営改革本部直轄のセントラル・チームとして、CSV推進部/サステナブルストラテジー部に集約し推進しています。

Q3 共創価値(CSV)につながる「サスティナビリティーフレームワーク」と「CSV Goals」の関連性について教えてください。

共創価値(CSV)は、私たちの事業の根幹の部分で、社会的課題が近ければ近いほど、自分たちで解決しようとするモチベーションが生まれます。また、私たちのビジネスにとってコアであり、専門性もあり、投資も持続的にでき、かつ社会課題が解決されることで企業価値も上げることができるのです。このオーバーラップを突き詰め、選ばれた課題を取りまとめたものが「サスティナビリティーフレームワーク」です。そしてそれらの課題はどのように解決するかというところを示さないと物事は進みません。「CSV Goals」として具体的に設定した目標と数値があり、そのあるべき姿に近づけるために何をするべきか、そして近づいた結果が数字になって表れている、この循環がとても大切であり、これこそが「CSV Goals」の役割であり、「サスティナビリティーフレームワーク」とのつながりです。


ステークホルダーのみなさまの未来につながる持続的な社会の実現に向けて、私たちが事業を通じて社会課題に積極的かつ持続的に取り組んでいけるよう、これからもCSVの取り組みを強力に推進していきます。

サスティナビリティーマネジメント体制図