社長メッセージ

社長メッセージ
代表取締役 社長 吉松 民雄
ごあいさつ
当社は、1都2府35県を営業地域とし、日本のコカ・コーラシステムの約9割の販売量を担う、国内最大のコカ・コーラボトラーであるとともに、世界に250以上あるコカ・コーラボトラーの中でも、売上高で世界第3位※、アジア最大の規模を誇ります。
国内の清涼飲料市場は、今後も熾烈な競争が見込まれるものの、1人当たり飲用量の増加やお客さまニーズの多様化等により、緩やかな成長が期待されます。コカ・コーラ ボトラーズジャパングループは、2017年4月1日の発足後「ひとつの会社・ひとつの経営」を基本原則のひとつとして、スピードを持って組織や事業の統合を進めてまいりました。これをさらに推し進め、さらなる成長を実現すべく、2018年1月1日、近畿・中国・四国・九州地方を営業地域とするコカ・コーラウエスト株式会社と、首都圏および南東北・東海地方を営業地域とするコカ・コーライーストジャパン株式会社の両事業会社を統合し、新生コカ・コーラ ボトラーズジャパンとして新たなスタートを切る事となりました。
今回の統合により、環境の変化や地域社会のニーズにこれまで以上に迅速に対応し、競争力を高めてまいります。加えて、地域やお客さま・お得意さまの特性にあわせた営業活動や、製造分野における生産効率性向上など、互いの知見を結集し、安全で高品質な製品をお届けする事で、コカ・コーラビジネスのさらなる成長を目指すとともに、日本の清涼飲料業界の発展に寄与してまいります。 
『コカ・コーラ ボトラーズジャパン』という社名には、これまでの伝統を引き継ぎながら新たに歩みを重ねるという思いを込め、複数形にした『ボトラーズ』は、私たちの礎となった12のボトラー社や、社員を表しています。
1956年、日本において最初のボトラー社が誕生してから60年以上が経過いたしました。コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社は、これまで、ボトラー各社が長い歴史の中で積み上げてきた経験やノウハウを融合させ、品格を備えたエクセレントカンパニーを目指してまいります。さらに、これまでと変わらず「地域密着」と「顧客起点」を経営の原理とするとともに、人々の一生と日々の生活に寄り添い、人生のあらゆる場面においてハッピーな瞬間とさわやかさを提供する総合飲料企業として、お客さま、お得意さま、株主さま、地域社会、社員に対して持続的に高水準の付加価値を提供してまいります。
※2016年末現在、コカ・コーラウエスト、コカ・コーライーストジャパン売上高単純合算