社長メッセージ

社長メッセージ
ごあいさつ
 2017年4月1日、近畿・中国・四国・九州地方を営業地域とするコカ・コーラウエスト株式会社と、首都圏および南東北・東海地方を営業地域とするコカ・コーライーストジャパン株式会社が経営を統合し、コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社が誕生いたしました。
 コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社は、1都2府35県を営業地域とし、日本のコカ・コーラシステムの約9割の販売量を担う、国内最大のコカ・コーラボトラーであるとともに、世界に250以上あるコカ・コーラボトラーの中でも、売上高で世界第3位、アジアで最大の規模を誇ります。
 国内の清涼飲料市場は、個人消費の持ち直しが期待されるものの、お客さまニーズのさらなる多様化に伴う清涼飲料各社の戦略の変化など、引き続き不透明な状況が続くことが予想されます。今回の経営統合により、強固な経営基盤を構築し、環境の変化やお客さま、地域社会のニーズにこれまで以上に迅速に対応し、競争力を高めてまいります。加えて、お客さま起点での営業活動や、製造分野における生産効率性向上など、互いの知見を結集することで、コカ・コーラビジネスのさらなる成長を目指すとともに、日本の清涼飲料業界の発展のために尽力してまいります。
 『コカ・コーラ ボトラーズジャパン』という社名には、これまでの伝統を引き継ぎながら、新たな出発を迎える、という思いを込めています。また、『ボトラーズ』は、12のボトリング会社と、そのボトリング会社の社員であることを誇りに思う一人ひとりの社員の集まりである、という思いを表しています。
 1956年、日本において最初のボトリング会社が誕生してから60年以上が経過いたしました。コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社は、これまで、ボトリング会社各社が長い歴史の中で積み上げてきた経験やノウハウを融合させ、新たな価値を創出するとともに、これまでと変わらず、地域に密着した事業活動や社会貢献活動に注力することで、お客さま、株主さま、地域社会、社員に対して持続的に高水準の付加価値を提供してまいります。
代表取締役 社長 吉松 民雄