価値創造サイクル

価値創造サイクル

ミッションの実現に向け
持続的成長を果たすために

CCBJHグループは、米国のザ コカ·コーラ カンパニー、日本のコカ·コーラシステム各社との連携のもと、
かけがえのない水や原材料などの資源を大切に使用し、すべてのお客さまへ高品質、高付加価値の製品を提供することで、
社会価値と経済価値を創出し、持続的成長の実現を目指しています。

CSV Model

Mission

すべての人にハッピーなひとときをお届けし、価値を創造します

Input

自然資本
  • 価値創造の源泉となる水と原材料
知的資本
  • 「コカ・コーラ」に代表される世界的ブランド群と日本で愛され続けるブランド群
  • お客さまのニーズを形にするためのマーケティング力・R&D力
  • 日本コカ・コーラを含む日本のコカ・コーラシステム各社、米国のザ コカ・コーラ カンパニーとのリレーション
製造資本
  • 海外のコカ・コーラシステムの規模を活かした安全・安心の製品づくりを実践するための原料調達網
  • 製造工場の最先端の管理システム、設備、技術力
  • エリア内を網羅する自動販売機
人的資本
  • 多様性を尊重したグローバル人財の活用
  • 能力を最大限に発揮できる多様な働き方
社会関係資本
  • CSV活動をともに推進するステークホルダーとの信頼関係
  • エリアの隅々までいきわたる地域における活動力
財務資本
  • 資本の適切な管理・運用
  • 強固な財務体質
  • 株主還元

Business Model

CCBJHグループが展開する飲料ビジネスでは、お客さまが飲みたいときに飲みたいものを飲みたい場所で提供することが不可欠です。そのため、CCBJHグループでは米国のザ コカ·コーラカンパニーや日本コカ·コーラと連携しながら、「業界最高水準のイノベーションとオペレーションの実現」に努めています。社会・市場環境の変化に迅速に対応しながら、お客さまのニーズはもちろん、アンメットニーズ(潜在的なニーズ)にもお応えする製品やサービスを生み出しています。

日本のコカ・コーラシステム

日本のコカ・コーラシステムは、原液の供給と製品の企画開発やマーケティング活動を行う日本コカ・コーラと、製品の製造、販売、回収などを担う5つのボトラー社・関連会社で構成されています。

Output

Outcome

CCBJHグループのコミットメントと生み出す価値

経済価値

責任ある事業活動を推進し、収益性を確保することで持続的成長を実現すること

社会価値

消費者・
お客さま

  • 毎日の生活を支える飲料や、健康に関する情報発信を通じてすべての人にハッピーなひとときを提供
  • 適切な飲料習慣の啓発・サポート

地球環境

  • 低炭素社会、循環型社会、自然共生社会の推進・構築

お得意さま・
サプライヤー

  • ともに持続的成長を目指す建設的なリレーション
  • 生産者、小売店、飲食店への長期的なサポート

社員

  • ジェンダー、年齢、世代にかかわらず誇りを持って働き、学び続けられる職場環境・機会の提供

地域社会

  • 地域の活性化
  • 社会的課題解決への貢献

株主

  • 収益性の確保やESG活動の推進による株主価値創出