価値創造サイクル

価値創造サイクル

ミッションの実現に向け
持続的成長を果たすために

CCBJHグループは、米国のザ コカ·コーラ カンパニー、日本のコカ·コーラシステム各社との連携のもと、
かけがえのない水や原材料などの資源を大切に使用し、すべてのお客さまへ高品質、高付加価値の製品を提供することで、
社会価値と経済価値を創出し、持続的成長の実現を目指しています。

CSV Model

かけがえのない水や原材料、多様性を尊重したグローバル人材・多様な働き方、高い技術力、マーケティング・販売力、「コカ・コーラ」のブランド力を投入する

CSVを経営の根幹と位置づけ、優れたバリューチェーンによってお客さまのニーズに応える

環境や日常生活、地域社会の課題に対し、ビジネスを通じてポジティブな変化をもたらすことにより利益を還元する

製品やサービスを通じてすべての人にハッピーなひとときをお届けし、価値を創造する

Input

自然資本
  • 価値創造の源泉となる水と原材料
知的資本
  • 「コカ・コーラ」に代表される世界的ブランド群と日本で愛され続けるブランド群
  • お客さまのニーズを形にするためのマーケティング力・R&D力
  • 日本コカ・コーラや日本のコカ・コーラシステム各社、米国のザ コカ・コーラ カンパニーとのリレーション
製造資本
  • 安全・安心の製品づくりを実践するための原料調達網
  • 製造工場の最先端の管理システム、設備、技術力
  • エリア内を網羅する自動販売機
人的資本
  • 多様性を尊重したグローバル人材の活用
  • 能力を最大限に発揮できる多様な働き方
社会関係資本
  • CSV活動をともに推進するステークホルダーとの信頼関係
  • エリアのすみずみまでいきわたる活動力
財務資本
  • 資本の適切な管理・運用
  • 強固な財務体質
  • 株主還元

Business Model

CCBJHグループの売上高の95%以上(2019年実績)を占める飲料ビジネスでは、お客さまが飲みたいときに飲みたいものを飲みたい場所で提供することを目指しています。そのため、CCBJHグループでは米国のザ コカ・コーラカンパニーや日本コカ・コーラと連携しながら、「業界最高水準のイノベーションとオペレーションの実現」に努めています。また、グループのさらなる成長機会は社会課題の解決にあると考えており、CSVを事業の根幹と位置づけています。

日本のコカ・コーラシステム

日本のコカ・コーラシステムは、原液の供給と製品の企画開発やマーケティング活動を行う日本コカ・コーラと、製品の製造、販売、回収などを担う5つのボトラー社・関連会社で構成されています。

Output/Outcome

CCBJHグループは、社会・市場環境の変化に迅速に対応しながら、お客さまのニーズはもちろん、アンメットニーズ(潜在的なニーズ)にもお応えする製品やサービスを生み出し、製品やサービスを通じて「すべての人にハッピーなひとときをお届けし、価値を創造します」というミッションの達成を目指しています。

Returning Value to Nature & Society

事業活動によって得られた利益を単に事業へ再投資するだけでは、事業の持続的成長を実現することはできません。CCBJHグループでは、「地域社会」との協働により、課題解決や活性化のための取り組みを強化しています。
また、価値創造の原資となる自然資源は有限であり、将来世代からの預かりものであるとの認識に基づき、自然への還元を重視しています。こうしたCSV活動によって地域社会や環境(資源)の持続性を高めることが、CCBJHグループの事業の発展につながると考えています。