「多様性の尊重」への取り組み

「多様性の尊重」への取り組み

私たちの取り組み

持続可能な開発目標(SDGs)との関わり

CSV Goals ~共創価値創出に向けて~ ※別途記載のない限り、基準年は2015年、目標年は2025年

ダイバーシティ&インクルージョン
  • 10%:女性管理職比率(2025年までに)
  • 20%:女性管理職比率(2030年までに)

CCBJHグループでは、社員一人ひとりの個性を尊重し、多様な価値観やアイデアを積極的に取り入れ革新を生み出し続けることが重要であるとし、ダイバーシティ&インクルージョンの推進に積極的に取り組んでいます。昨年より多国籍かつ女性の取締役を含んだマネジメント体制になり、これまで以上に多様な角度から課題を捉えて議論し意思決定を行うことで、さらなるダイバーシティ経営の実現に向かっています。

ダイバーシティ&インクルージョン中長期ビジョン

社員一人ひとりの多様性を尊重することで、性別、年齢、障がいの有無、国籍、性的指向等の属性や、個々人が抱えている制約要因に捉われずに、すべての社員が能力を最大限に発揮できる機会を提供していきます。

CCBJHグループダイバーシティ推進

女性の活躍

ダイバーシティの属性のひとつである女性の活躍を推進することで社内のあらゆる場面で女性社員が活躍し、多様な価値観・視点が事業活動全般に反映されることを目指します。

女性取締役との座談会「Dear Cafe」の開催

女性取締役から女性管理職に期待することに関する力強いメッセージや、参加者が日頃感じている悩みに対する具体的なアドバイスが与えられる場となりました。

半年にわたる女性リーダー研修「To Be」の開催

リーダー職を対象とした研修を半年にわたり開催し、女性社員のパイプラインの強化を図っています。

障がい者の活躍

障がい者の活躍を推進!「特例子会社」開所式を開催

当社グループは、ダイバーシティ&インクルージョンに関するポリシーを制定し、社員一人ひとりの多様性を尊重することで、性別、年齢、障がいの有無、国籍、性的指向等の属性によらず、すべての社員が能力を最大限に発揮できる機会を提供し、多様な社員がさまざまな意見や価値観を受容してイノベーションを創出し続けることを目指し、ダイバーシティ推進に取り組んでいます。
CCBJIグループのひとつであるコカ・コーラ ボトラーズジャパンベネフィット(CCBJB)は、障がい者の雇用機会の確保を行う企業として、「特例子会社」として認定されたことを受け、2019年11月20日に開所式を開催しました。
「特例子会社」とは、障がいのある方の雇用の促進、安定を図るために設立され、障がいや特性に対するサポート環境が整っており、障がいの程度に関係なく働くことが可能な会社を指します。
CCBJBは、「特例子会社」認定により、さらなる障がい者の活躍を推進するとともに、積極的な雇用の創出にも力を注いでいます。

パラ・デフアスリートの紹介

障がい者活躍推進の一環として、パラ・デフアスリート(障がい者スポーツ選手)の雇用とサポートを行っています。選手はそれぞれの競技と業務を両立しながらTOKYO 2020の出場を目指し日々活動しています。

高嶋 活士(Katsuji Takashima)2017年6月1日入社。埼玉県内のオフィスに勤務中。

パラ馬術

プロフィール

千葉県市原市出身。日本中央競馬会競馬学校卒業後、JRAの騎手として活躍中に落馬事故により、右上下肢麻痺に。懸命のリハビリで騎手復帰を目指すが断念。その後、パラ馬術と出会い、パラ馬術を代表する選手に。

主な戦歴

2018年
第64回東京馬術大会CPEDI***GOTEMBA2018 グレードⅣ 優勝
2019年
CPEDI3★Gotemba 2019 Spring 兼 JRAD国内競技会PartⅠ グレードⅣ 優勝

鎮守 美奈(Mina chinju)2018年10月1日入社。大阪府内のオフィスに勤務中。

パラ馬術

プロフィール

大阪府大東市出身。脳性麻痺で不随意運動があるなか、小さな頃から何にでもチャレンジする好奇心旺盛さは現在も変わらず。偶然出会ったホースセラピーから乗馬・パラ馬術へと挑戦し続け、アテネパラリンピックに出場。再度パラリンピック出場を目指す。

主な戦歴

2004年
アテネ2004パラリンピック競技大会 出場
2018年
全日本パラ馬術大会 個人規定 優勝
2019年
CPEDI3★Gotemba 2019 Spring 兼 JRAD国内競技会PartⅠ グレードⅠ 優勝

辻村 真貴(Maki Tsujimura)2019年3月1日入社。埼玉県内のオフィスに勤務中。

ゴールボール

プロフィール

神奈川県横浜市出身。生まれつきの視覚障害(弱視)をものともせず、何事にも明るく元気に取り組む努力家。盲学校時代に出会ったゴールボールの魅力に取りつかれ、以降は持ち前のデータ分析力と行動力で自身のプレーを磨き続ける。

主な戦歴

2013年
IBSAワールドユース大会 金メダル
2019年
杭州インターナショナルゴールボールトーナメント 銅メダル

政成 晴輝(Haruki Masanari)2019年6月1日入社。大阪府内のオフィスに勤務中。

パラ陸上やり投げ

プロフィール

兵庫県丹波篠山市出身。中学3年生(15歳)でレーベル遺伝性視神経症(レーベル病)を発症したが、視覚障害に負けることなく、鳥取城北高校で選手兼マネージャー、ノッカーや応援団⾧としてチームに貢献。その後、パラアスリート発掘イベントでパラ陸上やり投げ競技と出会う。

主な戦歴

2017年
2017ジャパンパラ陸上競技大会優勝 (48m72cm)
2018年
第23回関東パラ陸上競技選手権大会優勝(52m14cm)

photo by:
Japan Deaf Athletics Association

高居 千紘(Kazuhiro Takai)2020年4月1日入社。東京都内のオフィスに勤務中。

デフ陸上競技 走り高跳び(聴覚障害)

プロフィール

滋賀県米原市出身。高校時代に陸上走高跳と出会い、指導者が不在の中、コツコツと地道な努力と練習を積み重ね、競技レベルを向上。全国聾学校陸上競技大会の走高跳で3連覇を達成。高校時代の活躍が認められ「日本財団パラアスリート奨学生」に選ばれ、日本体育大学へ進学(パラアスリート跳躍ブロック所属)。

主な戦歴

2015年
第52回全国聾学校陸上競技大会 優勝(190cm)※大会3連覇
2016年
第3回世界ろう者陸上競技選手権大会 6位(185cm)
2020年
第7回日本デフ陸上競技選手権大会 優勝(180cm)

日本体育大学と連携・協力し、パラアスリート選手や障がい者の活躍を支援

私たちは、学校法人日本体育大学(以下、日体大)と、日体大および付属高等支援学校に在学する学生・生徒の支援等に関する「障がい者支援に関する包括協定」調印式を2019年11月27日に、日体大の世田谷キャンパスにて開催しました。
本協定は、当社と日体大が相互に連携・協力し、在学するパラアスリート選手およびデフアスリート選手や障がい者の活動を支援し、活躍を推進することを目的としています。内容は活動に必要なウェア、バッグ、タオルなど物品の提供から、職場実習受け入れや卒業生の雇用など多岐にわたります。
2020年4月1日には、本協定に基づく初めての採用として、デフ陸上競技・走り高跳びで活躍するアスリート 髙居千紘が入社しました。

社内活性化&コミュニケーション

「Friends & Family Fes 2019」の開催

社員の家族や大切な人々に感謝するとともに私たちの会社を深く理解し、その魅力を実感していただくために、2019年8月20日、当社の赤坂オフィスをメインに「Friends & FamilyFes(フレンドアンドファミリーフェス)2019」を開催しました。
当日、参加した107組328人に、「コカ・コーラ ボトラーズジャパンファミリー」を実感する“ひととき”を過ごしていただきました。会場では、Kids英語教室、ミックスドリンクづくりや缶バッジづくり、当社のコカ·コーラレッドスパークス所属のラグビー選手やアスリート社員と行うスポーツ体験などの楽しいプログラムが行われ、普段は訪れることのないオフィスのツアーも実施しました。
今後も、社員一人ひとりが「コカ・コーラ ボトラーズジャパン」に誇りを持ち、誰もが働きたいと思う職場づくりに取り組みます。

座談会

● “今”を大切にして、未来に向かう

JRA騎手時代の落馬、リハビリテーション、復帰断念、引退を経て、パラ馬術と出会いました。夢だったJRA騎手を引退する悔しさ、寂しさもありましたが、それ以上に「パラ馬術で大好きな馬とまた一緒に勝負の世界で活躍したい」という前向きな気持ちを持つことができました。業務と競技の両立を支援してくれる会社や職場メンバーと出会い、東京2020パラリンピック出場に向けて、朝7時に練習場に向かい、愛馬の手入れ、トレーニング、騎乗後のケアの全てを自身で行い、その後、仕事へ向かう日々は大変ではありますが、充実感にも包まれています。

● どんな時もカギはコミュニケーション

馬術は馬とのコミュニケ―ション能力が問われるスポーツです。どのように伝えたら気持ちよく動いてくれるのかを常に考えながら、馬上で試行錯誤しています。東京2020パラリンピックでの日本の出場枠は4枠。まずは出場権を獲得し、アテネでの経験をチームに伝え、貢献できるライダーになりたいと思います。
東京2020パラリンピック出場に向けて環境を変えることを選び、転職してまだ1 年半。職場メンバーの理解と競技活動を応援してくださる環境、そしてなにより温かい雰囲気に助けられ、競技活動と業務を両立できることにいつも感謝しています。

● 常に周りのことを考えながらどんなことも丁寧に

仕事では一人ひとりに役割があり、協力し目標を達成する。
ゴールボールでも全く同じです。私は特に「あいさつ」「コミュニケーション」「細かい気配り」の3つを大切にしています。
入社後、学生時代と大きく意識が変わったのは、競技結果で職場のみなさんに恩返しをしたいという気持ち。いつも支えてくださっている方々に感謝の気持ちを伝えるためにも「良い結果で恩返しをすること」が私の使命だと強く実感するようになりました。今後も業務と競技を両立し、みなさんに良い結果を伝えられるよう頑張っていきます。

● 夢を諦めない強い気持ちを持ち続けたい

甲子園出場を夢見て、強豪校への進学が決まった矢先(15歳)にレーベル遺伝性視神経症(レーベル病)を発症し、視覚障がい者となりました。障がい受容は簡単なことではありませんでしたが、私を受け入れてくれた高校の恩師、仲間に対して、自分はみんなのために何ができるのかを常に考えて行動し、その仲間と共に2度甲子園出場を果たすことができました。
次に見つけた夢はパラ陸上やり投げで東京2020パラリンピック大会に出場すること。職場の皆さんの期待に応えたいという気持ちで、日々業務と競技の両立に取り組んでいます。

● 新しい環境での刺激が成長につながる

日本体育大学在学時のそれぞれ競技も障がいも違うメンバーは、自然にお互いの苦手な部分をカバーしあう良い仲間であり、競技となれば切磋琢磨しあう良きライバルでした。
今の職場もダイバーシティ&インクルージョンが進んでいて、ジェンダー、国籍、障がいの有無などに関係なく誰もが活躍できる風土があります。2021年のデフリンピック大会(ブラジル)出場を目指し、業務と競技の両立に励んでいますが、何より職場の皆さんの温かい応援が一番の力になっています。

ダイバーシティ・アンド・インクルージョンに関するポリシー

私たちは、人材の多様性と多面性を強みとし、個々の人材の能力を最大限に発揮することで、全てのステークホルダーに最適な解(ベストソリューション)を提供してまいります。
そのために、本ポリシーにおいて、ダイバーシティ・アンド・インクルージョンに関する基本的な考え方を明示し、あらゆる人材が最大限に能力を発揮することができる職場環境づくりをめざします。

  1. ダイバーシティ・アンド・ インクルージョンの定義

    職場におけるダイバーシティ・アンド・インクルージョンとは、1つの組織にいる社員の間に存在するさまざまな「違い」のことであると共に(=ダイバーシティ)、それらの「違い」を受け入れ、個人の独自性を理解し、尊重する意味も含んでいます。(=インクルージョン)
    なお、私たちは、ダイバーシティには、多様性と多面性の2つの側面があると位置付けています。
    (1) 多様性・・・性別、年齢、障がいの有無、人種、国籍等の外面的な違い
    (2) 多面性・・・価値観、考え方、経験等の内面的な違い

  2. ダイバーシティ・アンド・インクルージョンの重要性

    (1) 多様性と多面性に満ちた人材が活躍する職場環境は、社員の企業に対するロイヤリティが高まるとともに、優秀な人材確保につながります。
    (2) 社員の企業に対するロイヤリティが高まれば、社員のモチベーションアップにつながり、高いアウトプットが期待されます。
    (3) 多様性と多面性に満ちた人材が活躍する企業は、様々な考え方やアイディアに溢れ、環境変化に対して強い企業となります。
    (4) さらに、多様性と多面性に満ちた人材が活発に議論することで、新たな考え方・アイディアが創出され、変革や革新につながります。
    (5) ダイバーシティ・アンド・インクルージョンを重要視した経営は、より良い経済活動につながり、結果として全てのステークホルダーの期待に応えることになります。

  3. ダイバーシティ・アンド・インクルージョンに対する基本的な考え方

    (1) 私たちは、社員一人ひとりの多様性および多面性を尊重します。
    (2) 私たちは、性別、年齢、障がいの有無、人種、国籍、性的指向、性自認または表現等の属性によらないすべての社員に能力を最大限に発揮できる機会を提供し、多様な人材が活躍する職場環境づくりをめざします。
    (3) 私たちは、価値観、考え方、経験等の社員が持っている多面性を活用し、ステークホルダーに対して最適なサービスを提供します。
    (4) 私たちは、意見の異なる者同士が積極的にその意見をぶつけ合うことを是とし、そこから新た な変革や革新を創出します。

  4. ダイバーシティ・アンド・ インクルージョンの実現に向けて

    (1) 経営トップをはじめとし、全役員および全社員がダイバーシティ・アンド・インクルージョンに対する高い意識を有し、一人ひとりが重要な役割を果たします。
    (2) ダイバーシティ・アンド・インクルージョンを推進するための体制を組み、具体的な戦略や目標設定(例えば、女性社員比率や障がい者雇用率等)等の計画策定を行います。
    (3) 計画にもとづき、ダイバーシティ・アンド・インクルージョンの浸透のため、各種プログラムや施策を実行します。
    (4) 目標値および進捗状況(評価)については、適宜、社内外へ公表します。

  5. 付則

    本ポリシーは2020年11月1日から改定実施します。