コーポレートブログ

コーポレートブログ

【6月はプライド月間】自分らしく働くために 
コカ・コーラ ボトラーズジャパンのLGBTQ

2022年6月16日

毎年6月は、世界中で性の多様性を称え、尊重する「プライド月間(Pride Month)です。
私たちコカ・コーラ ボトラーズジャパンは、社員1人ひとりが自分らしく働き、すべての社員にとって会社が自分の大切な居場所となるよう、性的指向、性自認はもちろん、人種、性別、宗教・信仰、政治思想、年齢など様々な違いを理解し、尊重するためダイバーシティ&インクルージョン(D&I)を推進しています。
今回は当社の社内におけるLGBTQに関する取り組みについてご紹介します。

平等の機会を提供

人権ポリシーおよびD&Iポリシー

当社の人権ポリシーおよびD&Iポリシーには、多様な性のあり方を尊重するために、生物学的性、性的指向、性自認、性表現を明記しています。
D&Iに関するポリシーはこちら

配偶者定義の見直し

当社の社内規定では、配偶者は異性・同性を問いません。同性パートナーと事実婚をしている社員は、日本の法律で認められている婚姻関係にある配偶者と同様の福利厚生を受けることができます。

【同性パートナーや事実婚の制度適用拡大】

会社規定

規定名 関連する内容
就業規則(非正規社員含む) 特別有休休暇(結婚休暇、配偶者出産休暇、葬祭休暇)
借上社宅・社有寮管理規定 入居基準、単身赴任の定義、帯同家族の基準
育児介護規定 対象者、休業手続き・撤回、休業期間
給与規定(非正規社員含む) 死亡時の支給
弔慰金規定 弔慰金、香典等
災害補償規定 給付金の支払
出産・育児等による退職者の再雇用に関する規定 対象者

共済会会則

規定名 関連する内容
グループ共済会会則 結婚祝金、出産祝金
弔電、供花、香典
介護支援金、介護環境整備支援金

新卒採用における履歴書の性別欄を廃止

当社の新卒採用応募フォームでは、性別の回答を問いません。当社の採用基準に性別は関係なく、個人の能力や個性を尊重しています。

社員の理解を深めるために

当社では、LGBTQに関する正しい知識を身に着け理解促進と問題抑止を図ることを目的に、社員、管理職など階層に応じた研修を実施しています。

研修の実施

‐全社員

eラーニングで研修を実施しています。LGBTQに関する基礎知識や留意すべき言動や対応について学び、全社員の理解を深めています。また、新卒・中途入社の社員の入社時にはLGBTQについての研修を行い、当社のD&Iポリシーの周知を図っています。

‐管理職

全管理職を対象に「無意識の偏見(アンコンシャスバイアス)」の研修を実施しています。無意識のうちに無自覚の偏見があるということを認識し、職場における会話などで誰かが不当な扱いを受けたり、不快な思いをしないような環境づくりを促進しています。

‐採用面接

LGBTQに関する注意を含んだ内容の動画を用い、面接官や面接に同席する全ての社員に研修を行っています。

Ally(アライ)を増やして心理的安全性を

Allyは性的マイノリティの方々を理解し、支援する人のこと。自身がAllyであることを表明することで、性的マイノリティの方々に心理的安全性を与えることが期待できるといわれています。当社ではAllyを増やすことが更なる性的マイノリティへの理解促進につながると考え、社員がAllyに関する知識を学んだり、意見交換を行う場を設けています。

社内イベントの開催

LGBTQにフォーカスを当てた社内オンラインイベントを定期的に開催しています。当社のLGBTQに関する施策を紹介したり、社外ゲストを招いて講演のほか社員とのクロストークセッションなどを実施することで、多くの社員の関心を集めています。

社内SNSでの情報発信

D&I課のメンバーが主導し、社内のSNSで多様性に関する情報を共有しています。イベント後には参加できなかった社員向けに動画やレポートを配信し、社員の関心を高める工夫をしています。

その他の職場環境整備の取り組み

相談窓口の設置

性的マイノリティの当事者社員だけでなく、その上司や同僚も対象とし、自身のセクシャリティに悩んでいる場合や、カミングアウトを受けた側の対応など、LGBTQに関することをサポートします。相談者がオンラインで専用のフォームに内容を記入すると、当社の専門部署から回答やアドバイスがメールで送られます。匿名での相談を希望する社員に対応するため、記名は任意で、社用以外のメールアドレスを利用することができます。

「パートナーシップ登録申請書」の手続きオンライン化

会社の福利厚生などを受ける際に必要なパートナーシップ登録の申請手続きをオンライン化しました。オンライン化する際に、これまで必要だった上長の承認を廃止し、自分が望まないカミングアウトを回避しています。

社外における活動

東京レインボープライドへの参加

日本コカ・コーラ株式会社とともに「東京レインボープライド2022」に協賛してブースを出展しました。ブースではレインボーラベルの「コカ・コーラ」の販売や当社と日本コカ・コーラ株式会社のD&Iに関する取り組みを展示。当社からは社長のカリンをはじめとする27人の社員が参加して連日のイベントを盛り上げました。

「多様性あふれる街・大阪の実現に向けた支援自販機」を「アドベンチャーワールド」に設置

2021年11月10日、大阪観光局との「連携協定」に基づき、株式会社アワーズが運営するテーマパーク「アドベンチャーワールド」(和歌山県白浜町)に「多様性あふれる街・大阪の実現に向けた支援自販機」を設置しました。「大阪LGBTQツーリズム」に関する情報をパネル部分に表示することにより、多様性あふれる街・大阪の実現を支援する自動販売機となっています。
詳しくはこちら

ダイバーシティキャリアフォーラムに出展

新卒採用の取り組みの一環として、「自分らしく働く」を応援するダイバーシティキャリアフォーラムに2020年から出展しています。

「PRIDE指標」でゴールドを獲得

任意団体の「work with Pride」が策定したLGBTQなどの性的マイノリティに関する取り組みを評価する「PRIDE指標」で、2019年、2021年にゴールドを獲得しています。
詳しくはこちら

「Business for Marriage Equality(BME)」に賛同

2020年12月に、婚姻の平等に賛同する企業を募るキャンペーン「BME」への賛同を表明しました。「BME」は、日本国内における同性婚の法制化(婚姻の平等)に賛同する企業を可視化することを目的に、一般社団法人Marriage For All Japan、NPO法人LGBTとアライのための法律家ネットワーク、認定NPO法人虹色ダイバーシティが共同で運営するキャンペーンです。
詳しくはこちら

「ビジネスによるLGBT平等サポート宣言」への賛同

2021年6月、日本で法制化されていないLGBT平等法の制定を目指す「ビジネスによるLGBT平等サポート宣言」に賛同しました。これは誰もが自分らしく生きることができ、平等な対応のもとで働くことができる社会を実現することを目的とし、企業の賛同を呼びかけているキャンペーンです。

※内容は発表日現在のものです。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

関連記事