ニュース

ニュース

コカ・コーラ ボトラーズジャパン、「多様性あふれる街・大阪の実現に向けた支援自販機」を「アドベンチャーワールド」に設置
大阪観光局との「連携協定」に基づき、LGBTQツーリズムを推進

2021年11月26日
コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社

コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:カリン・ドラガン、以下当社)は、11月10日、株式会社アワーズ(本社:大阪府松原市、代表取締役社長:山本雅史、以下 アワーズ)が運営するテーマパーク「アドベンチャーワールド」(和歌山県白浜町)に1号機となる「多様性あふれる街・大阪の実現に向けた支援自販機」(以下、本支援自販機)を設置しました。

 

本支援自販機は、当社と公益財団法人大阪観光局が締結した「連携協定」(注1)に基づき設置されました。「大阪LGBTQツーリズム」に関する情報をパネル部分に表示することにより、多様性あふれる街・大阪の実現を支援する自動販売機となっています。このたび、LGBTQをはじめダイバーシティ推進に積極的に取り組むアワーズが本協定に賛同し、国内外から多くの観光客が訪れ、また、これまでも性的マイノリティに関する社会課題の認知拡大を目指すイベントなどに参加してきた「アドベンチャーワールド」に本支援自販機1号機を設置することになりました。今後も、「多様性あふれる街・大阪の実現に向けた支援自販機」の設置を協力して進めて参ります。

 

なお、本支援自販機は、大規模災害などの発生時に無償で製品を提供できる仕様の「災害支援型自販機」となります。

 

当社は本業を通じて地域が抱える課題を解決するため、共創価値の創造(Creating Shared Value : CSV)に取り組み、今後もあらゆるパートナーのみなさまと連携をはかってまいります。

 

注1:

本年3月1日、当社と公益財団法人大阪観光局が締結は「連携協定」を締結しました。本協定に基づき、両社は多様性あふれる街・大阪の実現に向け、支援自販機を設置すること、LGBTQの方々が快適に旅行できる環境づくりを進める「大阪LGBTQツーリズム」推進に関することなどで連携・協力します。本支援自販機のパネル部分には、取り組みの目的や、大阪を訪れる旅行客向けのLGBTQ総合情報英語サイトURLなどを掲載した大阪観光局公式サイトに誘導するQRコードを表示することで、「大阪LGBTQツーリズム」を推進しています。なお、本支援自販機の売上金の一部は多様性あふれる街・大阪を実現するための支援金として大阪観光局に寄贈されます。

 

【アドベンチャーワールド 運営会社 株式会社アワーズ 常務取締役 今津孝二様のコメント】

株式会社アワーズは企業理念「こころでときを創るSmileカンパニー」をもとにSDGs(持続可能な開発目標)達成に向けて具体的なアクションを行うことを経営方針に取り入れ、だれもが自由に生き方を選択できる多様性溢れる豊かな社会を目指しています。大阪観光局さまの思いに賛同し、コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社さまの支援自販機を設置することで、多様性溢れる豊かな社会づくりに貢献していきたいと考えています。

 

【当社 ベンディング開発本部 西日本開発部長 永山雅裕のコメント】

日ごろからお世話になっている大阪観光局さまと本協定を締結し、多様性あふれる街・大阪の実現に向けて連携して取り組んでいけることをうれしく思います。当社は本協定締結に基づき、1号機である「多様性あふれる街・大阪の実現に向けた支援自販機」を「アドベンチャーワールド」さまに設置させていただきました。今後とも連携し、協力することで、みなさまに更なるハッピーな瞬間をお届けできるようなお手伝いをさせていただきたいと考えております。

 

【「多様性あふれる街・大阪の実現に向けた支援自販機」概要】

設置日:2021年11月10日

設置場所:アドベンチャーワールド エントランスドームお帰り口(和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399番地)

設置台数:2台

仕様:災害支援型自販機

備考:

パネル部分に大阪を訪れる旅行客のためのLGBTQ総合情報英語サイトURLなどを掲載した大阪観光局公式サイトに誘導するQRコードを表示しています。

売上金の一部は多様性あふれる街・大阪を実現するための支援金として大阪観光局に寄贈されます。

 

 

PDF版リリースはこちらをご覧ください。

※ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。