健康経営

健康経営

コカ・コーラ ボトラーズジャパン健康経営への取り組み

コカ・コーラ ボトラーズジャパングループは、社員とともに持続的に成長することを目指し、最も貴重な財産である人財に関する取り組みとして、多様性と多面性に満ちた人財が活躍する職場環境の構築に努めています。
その人財である働く社員の「健康保持・増進」は、重要な経営課題の一つと考え、「Road to 100」100歳でも元気な体でいられることを目指し、「健康第一」の企業風土を醸成していきます。この取り組みは、代表取締役社長のカリン・ドラガンが「健康経営責任者」として指揮し、人事・総務本部長の上村成彦が「健康経営推進責任者」として具体的な施策の立案・実行を推進しています。

コカ・コーラ ボトラーズジャパン健康宣言『Sawayaka Style』

※Sawayaka Styleとは
様々な個性や前向きな考え方を歓迎・尊重することで、互いに気持ちよく仕事ができる環境を作っていく活動の総称。

健康経営の基本方針

私たちは、お客さまへの「安全・安心、快適」なサービス、そして「優れた品質」のコカ・コーラ社製品の提供を通じて、 お客さまをハッピーにすることを使命としており、飲料業界のリーディングカンパニーであり続けるためには、 社員の心身の健康の維持向上が最重要課題であると考えています。
これを実現するためには、社員一人ひとりが自律的な健康保持・増進活動を行うことを責務として認識し行動する必要があります。
代表取締役社長のもと、人事担当役員を健康推進責任者とし、5つの基本方針に基づき、積極的に健康経営を推進してまいります。

健康経営 基本方針

基本方針 主な課題と取り組み
安心な就業環境の整備(Safety)
  • 推進体制の構築
  • 健康を支えるサポート体制の強化
健康リスクの改善(Start)(早期発見・早期治療)
  • 2次検診受診勧奨
  • メンタルヘルス対策
自身の健康に向き合う機会の充実(Self)
  • 検診受診率の向上
  • 健康管理システム導入
多様な働き方の推進(Smart)
  • 多様な働き方提供
  • 時間管理
健康的なライフスタイルの促進(Sawayaka)
  • Sawayaka チャレンジ

CCBJI健康経営 戦略マップ

【健康経営で解決したい経営上の課題】
環境問題やお客さま、消費者の多様なニーズに対応し、会社と社員が共に持続的に成長し続けるためには、多様性と多面性に満ちた社員が健康で働きがいをもち、活躍する職場環境を構築していく必要があると考えています。

【健康経営の実施により期待する効果】
健康で働きがいをもち活躍するためには、健康リスクを改善し、社員の生産性と業務品質を高めていく必要があります。この改善施策として「Sawayakaチャレンジ」と称したプログラムを導入し、その中でも運動の習慣化は、適正な体を維持するため最も重要と考えています。
現在24%の運動習慣化率を2025年までに60%以上となることを目指しています。これにより生産性を向上させプレゼンティーズムの損失割合10%以下を実現したいと考えています。

健康経営でめざす姿、基本方針、課題、健康関連施策とのつながりを見える化し整理することで、解決したい経営課題を意識しながら、さまざまな健康経営諸施策に取り組んでいます。

CCBJI健康経営 戦略マップ

安心な就業環境の整備

  • 人事・総務担当役員を健康経営推進責任者とし、総務部が中心となり取り組みを推進し、安全衛生委員会の安全衛生管理活動、産業医の医療的支援、健康保険組合の保健事業と連携しています。
  • 社員の健康にかかわる状況を正確に把握した上で、各種健康増進施策を進めています。

健康経営の推進体制

健康経営の推進体制

社員の健康を支えるサポート体制の強化

  • 社内専門部署の新設
    2020年1月より、人事・総務本部内に「健康安全推進課」を新設し、社員が健康で且つ安心安全に働き続けるためのサポート体制を整備
  • 産業保健体制の強化
    コカ・コーラ ボトラーズジャパンが抱えている健康課題を客観的視点も踏まえて助言を受けるため「統括産業医」を選任し、会社全体の課題解決に向けて速やかに行動できる体制を整備しています。

健康リスクの改善(早期発見・早期治療)

健康診断結果の分析・可視化を進めるともに、生活習慣病リスクをより早期に対応することで低減し、疾病予防と重症化予防に努めます。

健康診断

  • 定期健康診断
  • 人間ドック検診補助制度
    「がん検診(胃がん検診、大腸がん検診、腹部超音波検査、乳がん検診、子宮がん検診等)」に充当可能な健康増進ポイントを毎年20,000円分付与し、さらに最大22,000円の補助金を支給しています。
  • 健診の事後対応(医療機関受診勧奨、保健指導)

生活習慣病対策

  • 血圧有所見者向けに家庭用血圧計を廉価で販売斡旋
  • 健診の事後対応(医療機関受診勧奨、保健指導)

メンタルヘルス対策・ストレスチェックの適正実施

  • 高ストレス者への医師面談受診勧奨
  • ヘルスリテラシー研修(ラインケア、セルフケア)
  • 外部カウンセリングサービスの活用

感染症対策

  • インフルエンザ予防接種の社内実施(就業時間認定)や費用補助
  • 手指消毒液等の設置
  • 社員用マスクの配布

新型コロナウイルスのワクチン職域接種

新型コロナウイルスのワクチン接種の加速化と集団免疫の早期獲得、経済活動再開への貢献を目的として、2021年6月~8月にワクチンの職域接種を実施しました。

ワクチン接種は、当社の、東京・赤坂オフィス、埼玉・桶川オフィス、愛知・名古屋オフィス、大阪・千里丘オフィス、福岡・福岡オフィスで実施し、接種対象者は、当社グループの社員(間接雇用を含む)とその家族、サプライヤーの方、約10,800人に接種しました。

なお、当社グループでは、ワクチン接種を希望する社員が時間を柔軟に確保できるよう、就業時間内であっても受けることを認め、その時間については就業免除といたします。また、ワクチン接種当日に副反応による体調不良が発生し、就業が困難な場合は、接種当日を特別有給休暇とすることが可能、翌日以降に体調不良が認められた場合は、原則として特別有給休暇を1日取得可能としています。

自身の健康に向き合う機会の充実

コカ・コーラ ボトラーズジャパンでは、社員が安心して楽しくはたらくため、人事制度を整備しています。

  • 疾病による休職期間中の給与補填
    安心して治療に専念してもらうため、コカ・コーラ ボトラーズジャパングループ共済会より、休職期間中最大33か月まで給与補填する制度を導入しています。
  • 復職後のサポート
    復職後も治療しながら働き続けるために、「時差勤務・時短勤務・通院用特別有給休暇付与」制度を導入しました。
  • 自転車通勤の推奨
    「withコロナ」時代の働き方・暮らし方に適応するために、自転車通勤を社員に推進することを目的とした新たな社内規定の運用を開始しました。混雑した電車・バス等の公共交通機関に代わり、自転車通勤を選択できるようにすることで、新型コロナウイルス感染のリスクを低減できるようにしております。
  • 健康管理システムの刷新
    IT導入による作業効率の促進で「スマート経営」を実現するために、全社員へスマートフォンを配布。
    スマホ対応可能な「健康管理システム」を導入し、健康診断結果の確認機能、自身の体重や血圧等の管理機能、健康クイズ機能を活用し、自律的な健康保持・増進活動をサポートしています。
  • 健康増進ポイントの導入
    健保に加入する社員に対し一律に20,000ポイントを付与し、健康保持・増進にチャレンジした方に追加のSawayakaチャレンジポイントを付与し、健康グッズに交換できる仕組みを導入しています。

当社は、在宅勤務・リモートワークを促進するために、全社員へのスマートフォン配布をはじめとした、ネットワーク環境の整備、交通機関のオフピークでの通勤、多様な勤務体系を実現するためのスーパーフレックス制度の導入など、「withコロナ」時代に対応した柔軟な働き方を推進しています。今後も、社員の健康を守るとともに、安全・安心な製品の供給を継続し、「すべての人にハッピーなひとときをお届けし、価値を創造する」というわたしたちのミッションを果たしてまいります。

多様な働き方の推進

多様な働き方を実践するとともに、テレワーク推進、総労働時間の短縮、年休取得促進、育児・介護支援、仕事と家庭及び仕事と病気治療の両立等への取り組みを行っています。

労働時間適正化

  • 適切な労働時間管理の徹底
    社員配布のスマートフォンアプリによる所定外労働の事前申請の仕組み導入、入退館の打刻時間と勤怠システム申請の連動により正確な申請ができる体制を整備しています。
    時間外事前申請率は約90%となり、適正な時間管理の徹底に繋げています。
  • スーパーフレックス制の導入
    コアタイムのないフレックス制度(スーパーフレックス)を導入。
    ニューノーマルな働き方(在宅勤務等)と組み合わせ、メリハリのある生活に繋げています。

病気治療と就労の両立支援

  • 休職や治療に利用できる「通院時特別有給休暇」「復職時特別有給休暇」「時短勤務制度」
  • テレワーク勤務、サテライトオフィスの整備(全国に104か所あり)
  • 疾病休職後の円滑な職場復帰をサポートする職場復帰プログラムの運用
    (復職トレーニング、産業医復職面談、復職後フォローアップ等)
  • 社員が安心して治療に専念できるように、療養ガイドブックを刷新し社員に案内しています。

健康的なライフスタイルの促進

ライフスタイルの改善

毎年、社員のライフスタイルに関する意識調査を実施し、社員自身が課題と感じている生活習慣を認識。
生活習慣は、社員の自律的な健康保持・増進が重要となるため、「Sawayakaチャレンジ‼」と称したプログラムを提供し、生活習慣改善の取り組みを推進。
※Sawayakaチャレンジとは、生活習慣を5つのカテゴリーに分類し、改善を行う仕組み

Sawayaka チャレンジ!!
2018年 2019年 2020年 2021年
定期健康診断受診率 95.4% 96.9% 97.3%
定期健康診断後の精密検査受診率 50.8% 45.2% 44.3%
ハイリスク者保健指導率 50.8% 53.0%
ハイリスク者治療継続率 10.2% 10.5% 13.8%
適正体重維持者率
※BMIが18.5~25未満の者
60.5% 56.8% 56.1%
運動が習慣されている割合 21.0% 21.7% 24.1%
「睡眠により十分な休養が取れている人」の割合 61.8% 61.9% 66.8%
飲酒が習慣化している割合 14.1%
血圧リスクと考えられる人の割合
※収縮期血圧180mmHg以上または
拡張期血圧110mmHg以上の人の割合
0.2% 2.1% 3.3%
血糖リスクと考えられる人の割合
※空腹時血糖が200mg/dl以上の人の割合
0.6% 0.8% 0.8%
糖尿病管理不良と考えられる人の割合
※HbA1cが8.0%以上の人の割合
0.2% 0.2%
傷病による休職者の割合 0.5% 0.6%
ストレスチェック受検率 88.0% 88.0% 90.0% 92.3%
ストレスチェック高ストレス者の割合 12.7% 14.3% 10.5% 16.6%
プレゼンティーイズム 11.3% 11.2% 10.5%
アブセンティーイズム(傷病による欠勤) 1.34日 1.26日 1.20日
直近の状況
広く社員に行う施策の参加状況 ウォーキングイベント参加者数 7,500名(会社貸与スマートフォン保有者の約50%)
チーム登録数 294チーム
社員のヘルスリテラシーの状況 メンタルヘルスeラーニング受講率 88.5%
新型コロナウイルス関連受講率 82.9%
各施策の社員の満足度 ウォーキングイベントの社員満足度 5段階評価で3.45ポイント
新型コロナウィルスワクチンの職域接種満足度 99%が満足と回答
労働時間の状況(残業時間等) 10.2時間
休暇取得の状況(年休取得率等) 48.0%
離職の状況 9.1%
ワークエンゲイジメントの状況 62.6%
その他指標へのリンク
(上記「労働時間の状況」以降の状況は、右のリンク先からもご確認いただけます)
https://www.ccbji.co.jp/csv/esg/

運動習慣の改善

  • Sawayaka ウォーク2021を開催
    「Sawayaka ウォーク」を開始した2019年は、既存のアプリを使用した実施方法で、約1,000名の社員が参加しましたが、コロナ禍により在宅勤務が増え、運動不足・コミュニケーション不足と感じている社員が多いことから、促進施策として、ウォーキング専用に自社開発したスマートフォンアプリ「Sawayaka Challenge」を活用したイベント「Sawayakaウォーク」を定期的に開催しています。

    「Sawayaka Challenge」は、歩いた歩数と目標達成率が1日および1週間単位で表示される自社開発の当社オリジナルアプリです。アプリには、歩数の合計値により上位社員をランキング表示する機能に加え、同僚と対面で話す機会が減っている中、コミュニケーション醸成に繋がるよう、所属部署や支店などで編成するチームで参加できる団体戦のランキングを表示する機能も備え、社員の健康増進とともに、在宅勤務が続く社員間のコミュニケーションの活性化やチームビルディングの素材として活用され、第4回目の開催では、約7,500名の社員(50%)が参加し全社的に大きな取り組みとなりました。
  • 運動習慣改善サポート
    (社内クラブ活動の部費補助、スポーツクラブ利用費用補助、マラソン大会等スポーツイベント)
    社内クラブ活動の部費補助
    ランニングイベントに有志で参加
    スポーツクラブ利用費用補助
    マラソン大会スポーツイベント

食事改善の取り組み

  • 食事改善プログラムを実施
    健康づくりを考える社員に提供する、ダイエットプログラムを実施。
    毎日の昼食をヘルシー定食に置き換えることで、健康的な減量に取り組むことができるプログラムを本社社員むけに実施しました。

    1カ月間のヘルシー弁当を利用し、からだの変化をプロフェッショナル仕様の体組成計で計測しながら、体重と体脂肪率の適正化を目指すプログラムで、期間中で3キロ減量に成功した社員もいました。

禁煙の取り組み

2020年1月~
就業時間中の禁煙をスタート
受動喫煙対策として事業所内の喫煙スペースの閉鎖
2020年6月
世界禁煙デーに健康経営責任者(社長 カリン・ドラガン)よりメッセージを配信
2020年7月
Sawayaka卒煙(禁煙)チャレンジをスタート
3つのアクションプランを提供し、チャレンジ参加者を募集。現在、120人がチャレンジ中。
2020年9月
禁煙推進企業コンソーシアムへ加入
2021年6月
2021年6月から月1日、2020年6月から週1日の禁煙日を設定
2023年1月
屋外を含む会社の敷地内を全面禁煙にすることを発表

『健康経営優良法人(ホワイト500)』に認定

コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社は『健康経営優良法人(ホワイト500)』に認定されました

*

2021年3月
経済産業省・日本健康会議が共同で認定する『健康経営優良法人2021(ホワイト500)』に認定されました。

当社は、健康経営を経営の最優先課題と位置づけ、社員の健康維持・増進に向けさまざまな取り組みを通じ、「健康第一」の企業風土醸成を図っています。
「安全と健康はすべてに優先する」という考えを事業継続の根幹と位置づけています。会社には、社員自身や周囲の人の「安全」や「健康」を害してまで、あるいは、怪我をするリスクを犯してまでしなければならない仕事は一つもないことを改めて宣言しています。

今後とも各種取り組みを推進することで、健康経営のさらなる推進・発展に取り組んでまいります。

■経済産業省ウェブサイト
https://www.meti.go.jp/press/2019/03/20200302004/20200302004.html

健康経営のリーディングカンパニーを目指して

新型コロナウイルスが猛威を奮い、ライフスタイル・ワークスタイル、また健康施策推進方法にも大きな変化が生じています。
そのような中で、「すべての人にハッピーなひとときをお届けし、価値を創造する」をミッションとする当社として、「健康経営の歩み」を止めないために様々な取り組みを実施し、健康経営の模範となる企業を目指します。

「健康経営の
模範となる
企業」へ

ノウハウを
全国に発信