SDGsの取り組みについて

SDGsの取り組みについて
持続可能な開発目標(SDGs)

2030年に向けて世界が合意した
「持続可能な開発目標」です

SDGsの実現に向けて

持続可能な開発目標(SDGs)は、2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの目標です。コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングスグループでは、事業活動を通じてSDGsの実現に貢献することを目標に、日本コカ・コーラをはじめとするステークホルダーのみなさまと協働して、今後、具体的なアクションプランを検討していきます。

右記下記のモデルを用いてSDGs全体を俯瞰するとともに、GRIや米国サステナビリティ会計基準審議会(Sustainability Accounting Standards Board)によるスタンダードも参照しながら、事業活動に関連が深い目標と具体的な取り組み事例を整理しました。今後はバリューチェーンにおけるリスクと機会を考察し、積極的に取り組んでいきます。

チャート図

このページに記載のチャートはJohan Rockström氏とPavan Sukhdev氏によって発表されたSDGsの関係図(英語)をベースに日本語で作成しました。
(出典:Azote for Stockholm Resilience Centre, Stockholm University)

コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングスグループの事業活動に関係が深いSDGs目標とそれらに関わる取り組み事例