ニュース

ニュース

次世代リーダー育成プログラム「コカ・コーラ ユニバーシティ ジャパン(CCUJ)」を設立

2020年07月21日

ニュースリリース

 

 

 

2020年7月21日

コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社

 

 

 

次世代リーダー育成プログラム「コカ・コーラ ユニバーシティ ジャパン(CCUJ)」を設立

第一弾は若手を対象にグローバル人財の成長をサポート

 

コカ・コーラ ボトラーズジャパン(本社:東京都港区 代表取締役社長:カリン・ドラガン、以下当社)は、次世代リーダー育成プログラム「コカ・コーラ ユニバーシティ ジャパン(CCUJ)」(以下、CCUJ)を設立し、まずは第一弾として7月21日に若手を対象としたプログラムを開始いたしました。

 

CCUJ設立の目的は未来のコカ・コーラシステム(※1)を牽引し、変革へ導く次世代リーダーの育成と、飲料市場に新たな価値を創出することです。ザ コカ・コーラ カンパニーと連携して、グローバルのリーダーシッププログラムや海外研修を導入し、知見を社内だけでなく海外のコカ・コーラボトラー社にも展開できる人財を育成していきます。

 

CCUJの第1弾は若手の育成を目的としており、2020年7月21日にオンラインにてキックオフミーティングを開催し、当社の各本部から選抜された一般職と日本コカ・コーラ社から合わせて計80名が参加しました。本格的な始動は2020年秋を予定しており、約10か月間、適宜状況に応じてデジタルラーニングと対面型を組み合わせたトレーニングを実施いたします。

 

当社はこのような時だからこそ、次世代リーダー育成の芽を絶やさずに教育活動を継続し、感染防止対策も視野に入れたオンラインでの研修プログラムを取り入れていきます。

 

■7月21日キックオフミーティングの様子

当社の代表取締役社長カリン・ドラガンや人事本部長からの激励メッセージから始まり、プログラムに関する説明や外部講師および受講クラスのメンバーとの顔合わせを目的とした自己紹介セッションを実施しました。

 

■CCUJにおける今後の展開

今後はマネジメント層を対象とした人財育成プログラムも実施していく予定です。組織全体の活性化につなげ、飲料業界のさらなる発展に貢献できる人財づくりを目指してまいります。

 

当社は、「すべての人にハッピーなひとときをお届けし、価値を創造します」という企業理念を体現し、お客さま、パートナーのみなさまに飲料を通じた喜び、価値を提供できるよう、今後も人財育成、組織開発に関わる取り組みをより一層推し進めてまいります。

 

※1:コカ・コーラシステム=日本コカ・コーラ、コカ・コーラ東京研究開発センター、北海道コカ・コーラボトリング、みちのくコカ・コーラボトリング、北陸コカ・コーラボトリング、沖縄コカ・コーラボトリング、および当社の計7社

 

※ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

 

PDF版リリースはこちらをご覧ください。