ニュース

ニュース

オフィス内の自動販売機が健康スポットに! 「健康自販機スポット produced by コカ・コーラ+あすけん」 従業員の健康改善と企業の健康経営を目指す

2019年12月02日

ニュースリリース

 

 

 

 

 

 

 

2019年12月2日

コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社

 

 

 

 

オフィス内の自動販売機が健康スポットに!
「健康自販機スポット produced by コカ・コーラ+あすけん」
従業員の健康改善と企業の健康経営を目指す

 

コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:カリン・ドラガン 以下当社)は、
株式会社 unerry(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:内山英俊、以下unerry)と株式会社asken(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中島洋)と連携し、お客さまの「健康スポット」として、健康経営サービス「健康自販機スポット produced by コカ・コーラ+あすけん」(以下、健康自販機)の設置を12月2日より開始しました。

「健康自販機」は、健康無関心層も含めた従業員の健康改善と、企業の健康経営の両方を目指して開発されたサービスです。当社は、会員数350万人を超える食生活改善アプリ「あすけん」と連携し、unerryの消費者行動プラットフォーム「Beacon Bank」を活用することで、健康増進支援という付加価値のあるサービスを実現しました。

初となる「健康自販機」は、いちご株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:長谷川拓磨)が主旨に賛同し、「トレードピア お台場(港区台場2丁目3-1)」に4台設置されました。
健康自販機でのドリンク購入や「あすけん」アプリへの記録などにより、全国の「スマホ自販機®」でご利用になれるドリンクチケットのプレゼントや、「健康自販機」に近づくと「あすけんコラム」が配信され、利用者は日常生活の中で楽しみながら健康に関する知識と意識を高めることができます。

当社は、自動販売機がお客さまの「健康スポット」となり、新しい健康経営の取組みの一つとして寄り添い、従業員の方々の健康づくりをサポートしていくことを目指してまいります。

 

<参考資料>
【標準的な健康経営推進の流れ】

*アプリご利用者が「健康自販機」に近づいたことを自動検知するために、「常に位置情報を許可」していただく必要があります。
*条件は、導入する企業さまによって異なる場合があります。トレードピアお台場では、食事記録回数のみが条件となります。

 

【利用手順】

1. アプリの設定をする
・健康管理アプリ「あすけん」をスマートフォンにダウンロードし、会員登録。
 「設定」>「法人利用設定」 にて特定コードを入力し、ビーコン連携をする。
 

2. 毎日の食事・運動を記録し、健康管理を行う。
・あすけんアプリ上で、日々の食事・運動記録ができます。
・日々の記録に応じて、AI栄養士のアドバイスを受けることもできます。
・なお、以下の二つの条件をクリアすることで全国の「スマホ自販機®」で、お好きなコカ・コーラ社製品と引き換えできる「Coke ONドリンクチケット」を最大2枚もらうことができます。

    ①あすけんアプリへの食事記録が、月間で通算10日間分ある。(1日1食分で記録としてカウント)
  ②「健康自販機」に近寄ることが、月間で通算10日間分ある。(1日1回のみカウント)
   ※集計期間:毎月1日~末日
   ※クーポンコードの発行:翌月第2週にあすけんアプリへの登録メールアドレスに送付
   ※Coke ONドリンクチケットのご利用には、コカ・コーラ社公式スマートフォンアプリ「Coke ON®」のダウンロードが必要です。

   

「トレードピアお台場」内に設置の「健康自販機スポットbyコカ・コーラ + あすけん」

 

【サービススキーム】

 

【各社コメント】

■コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社 執行役員 営業本部 ベンディング事業本部長 兼 ベンディング法人営業統括部長  藤原 義樹 のコメント 

これまでトクホや機能性商品、Coke ONウォークなどの自動販売機のサービスを通じて健康経営を支援するご提案を行って参りました。そしてこの度、健康に特化したサービスをご提供されている あすけん様と、そのスキームを有効活用する技術をお持ちのunerry様という2社と一緒に「健康自販機」という新たなサービスを開発することで、企業の皆さまの健康経営により貢献できるサービスを構築することができました。今後もさらにサービスをブラッシュアップし、企業の健康経営ならびに従業員の皆さまの健康改善のお役に立てるよう取り組んで参りたいと思います。

 

■株式会社asken 執行役員 天辰 次郎 様 のコメント

この数年、健康経営という言葉の広まりとともに、企業が従業員の健康をサポートするべきという意識は浸透してきていると感じています。従来の医療費削減に留まらず、生産性の向上・採用力強化・離職防止といったポジティブな目的が認識されてきたことは好ましい限りです。一方、何かしなければと考えつつも、予算・人的なリソースが限られていることに悩まれているご担当者も少なくありません。本企画では、企業側のコスト負担も実質ゼロで、かつ従業員のみなさまにあすけんで楽しく食事・健康管理をしていただきながら、無料のドリンクもプレゼントされるという内容となっております。企業、健康推進担当者様、従業員様にとって三方よしの導入施策になると考えております。
ぜひお気軽に導入をご検討ください。

 

■株式会社 unerry 代表取締役CEO 内山 英俊 様 のコメント

「健康経営の取り組みをした方が良いのはわかっているが、何をしたら良いかわからない」という企業の皆様にとって、非常にイメージの湧きやすい身近なサービスになったと思っています。多くの企業にご導入いただき、ひいては日本の活力に繋がればと願っています。また、テクノロジーベンチャーであるunerryとしては、世界屈指の台数を誇り日本のインフラとも言える自動販売機が、弊社の「Beacon Bank」を通じて新たな付加価値をもつことを非常に嬉しく思っています。

 

■いちご株式会社 執行役副社長兼COO 石原 実 様 のコメント

私どものテナント企業の皆様は、健康経営を通じ、社員等の活力向上や生産性の向上等、サステナブルな成長を目指していらっしゃいます。健康自販機の設置を促進し、これをご支援することを企図し、本プロジェクトに参画させていただきました。第1号案件の状況を適切にプロジェクトメンバー各社様へフィードバックし、健康自販機の進化にもご協力したく存じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PDF版リリースはこちらをご覧ください