ニュース

ニュース

市内初! 橿原市に「聖火リレーメモリアル自販機」第1号機を設置

2019年11月30日

ニュースリリース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年11月30日

コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社

 

 

 

市内初! 橿原市に「聖火リレーメモリアル自販機」第1号機を設置

~ オリンピックの機運を醸成し、国際交流やスポーツに親しむきっかけに ~

 

コカ・コーラ ボトラーズジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:カリン・ドラガン)は、奈良県橿原市のご理解ご協力のもと、市内初となる「聖火リレーメモリアル自販機」を大和八木駅北側の駅前広場に設置いたしました。

 

『東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナー』である日本コカ・コーラ株式会社では、地域の聖火リレーを盛り上げるプログラムのご提案として、聖火リレーが通過する自治体限定「聖火リレーメモリアル自動販売機」の展開を進めています。

 

この自販機には、聖火リレーが通過する自治体名と日付が表示されたオリジナルのラッピングを施しており、来たる聖火リレー開催を告知する役割を担います。

 

橿原市は、東京2020オリンピック大会におけるカザフスタン、ウクライナのホストタウンとして登録されたことから、これを通じた市民との国際交流をはじめとするオリンピック・ムーブメントの推進に取り組まれています。

この設置を契機に、さらなるオリンピック機運の醸成と、市民の皆さまが国際交流やスポーツに親しむきっかけとなればと考えています。

 

 

 

【設置概要】

 

■設置日:2019年11月30日(土)

 

■設置場所:大和八木駅北側 駅前広場(橿原市内膳町5-1-2)

 

 

 

 

 

 

 

【ご参考】

 

■「聖火リレーメモリアル自販機」概要

聖火リレーが通過する自治体に設置されるコカ·コーラ社の自動販売機で、設置自治体名と日付が表示された、オリジナルのラッピングを施した自動販売機です。

 

※イラスト画像のため実際の色、デザインではございません。

 

 

■コカ・コーラ社と東京2020オリンピック・パラリンピック

アムステルダム1928オリンピック以来、コカ・コーラ社は何億人ものファンや選手に“さわやかさ”とかけがえのない思い出に残る特別なひとときを提供してきました。2020年に向けてコカ・コーラ社は、オリンピックのワールドワイドパートナーとして、そして東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナー、東京2020パラリンピックゴールドパートナーとして、東京2020を日本と世界にとってこれまで以上に忘れられない特別な大会にできるよう取り組んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PDF版リリースはこちらをご覧ください