ニュース

ニュース

香川県丸亀市とオリンピック・パラリンピックの機運醸成と地域活性化の推進に向けた「包括連携協定書」締結式を開催

2019年09月13日

ニュースリリース

 

 

 

 

 

 

 

2019年9月13日

コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社

 

 

 

 

香川県丸亀市とオリンピック・パラリンピックの機運醸成と

地域活性化の推進に向けた「包括連携協定書」締結式を開催

 

 

コカ・コーラ ボトラーズジャパン(本社:東京都港区 代表取締役社長:カリン・ドラガン、以下当社)と、香川県丸亀市(市長:梶 正治)は、9月13日(金)、丸亀市役所において、当社と丸亀市が相互の連携強化を図り、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会という)に関連する様々なイベントを通じて丸亀市の地域活性化を推進するための、「包括連携に関する協定」の締結式を開催しました。

丸亀市では、東京2020オリンピック大会におけるクロアチア代表の陸上競技チームの事前合宿が決定し、 当国と交流を図り大会への機運醸成を進められています。この協定締結により、当社と丸亀市はパートナーとして、事前合宿する参加国や参加選手への飲料提供を実施するなど、対話を通じた密接な連携を図り、地域活性化につながる取り組みを進めてまいります。

 

 

↑左から、丸亀市 梶市長、コカ・コーラ ボトラーズジャパン近畿・四国営業本部 池田本部長、

 

 

↑左から宮本健康福祉部長、小山生活環境部長、梶丸亀市長、池田本部長、宇野統括部長、石丸営業部長

 

 

 

 

 

【丸亀市 梶 市長のコメント】

東京2020オリンピック開催を一つの機会として、スポーツに対する機運を醸成したいという丸亀市の思いと、コカ・コーラ ボトラーズジャパン様のオリンピックの機運を盛りあげようという思いが一致したことから、本日の包括協定締結が実現しました。この機会を丸亀市民がよりスポーツに親しむきっかけにしたいと思っています。これから様々な催し物が開催されますが、そういったときにコカ・コーラ ボトラーズジャパン様にご協力いただけるということは、我々にとっても本当にありがたいことだと思っております。今後とも皆さま方のノウハウや、いろいろな知恵もお借りしながら丸亀市の発展につながっていくことをこれから一緒に進めてまいりたいと思います。

 

【当社 近畿・四国営業本部長 池田 和隆のコメント】

私たちコカ・コーラ ボトラーズジャパンは、本日の包括協定締結によって、いろいろなイベントにご協力させていただけることになりました。これが当社の地域密着そして丸亀市に貢献することを実現できるいい機会になればと考えております。そして、これからも丸亀市様と一緒に、様々な事業に貢献し、そして協力するといったことをお約束したいと思っています。特にスポーツに力を入れられている丸亀市様ですので、ぜひ「コカ・コーラ」や「アクエリアス」をご活用いただきながら、一緒にイベントを盛りあげ、地域に貢献できることを実施していきたいと考えておりますので、今後とも宜しくお願いします。

 

【調印式の様子】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PDF版リリースはこちらをご覧ください