ニュース

ニュース

関西初!訪日外国人の利便性を向上!ALIPAY(アリペイ)・WeChat Pay(ウィーチャット ペイ)決済対応自動販売機設置!

2019年06月07日

ニュースリリース

 

 

 

 

 

 

 

2019年6月7日

コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社

 

 

 

 

関西初!訪日外国人の利便性を向上!

ALIPAY(アリペイ)・WeChat Pay(ウィーチャット ペイ)決済対応自動販売機設置!!

 

コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:カリン・ドラガン 以下当社)は、中国をはじめとした訪日外国人の方々の利便性向上のため、中国モバイルペイメント業界で最もシェアの高いALIPAY(支付宝/アリペイ)とWeChat Pay(微信支付/ウィーチャット ペイ)を使ったQRコードによるスマートフォン決済対応の自動販売機を2019年6月7日にグランドオープンしたエディオンなんば本店(大阪市中央区)に設置しました。

 

当該自動販売機は、専用の端末機を取付けることで、ALIPAY(支付宝/アリペイ)やWeChat Pay(微信支付/ウィーチャット ペイ)に加えて、国内3,000万人以上のユーザー登録があるLINE Pay(ライン ペイ)の決済にも対応した自動販売機です。端末機に表示されるQRコードをスマートフォンで読み取ることでそれぞれの電子マネーでの決済が可能です。またアプリのダウンロード数が1,400万件※を突破したスマートフォンアプリ「Coke ON」にも対応しており、国内のお客さまにもこれまでと変わらず「買う」「飲む」「楽しむ」サービスを提供いたします。※2019年4月現在

 

関西エリアの中でも特に訪日外国人の方が多く集まる大阪・難波エリアで、新しいランドマーク エディオンなんば本店に当該自動販売機を設置することで、今後も増加する訪日外国人の方々への利便性向上を図ります。加えて新たなキャッシュレス決済方法の拡張による日本国内のお客さまへのサービス拡充を図ることで、当社自動販売機のさらなる価値向上に努めてまいります。

 

以上

 

 

【参考資料】

【ALIPAY(支付宝/アリペイ)】

アリババグループの関連企業アントフィナンシャルサービスグループが提供する「ALIPAY(支付宝/アリペイ)」は、世界最大規模のモバイル及びオンライン決済プラットフォームです。海外でも中国人向けの決済サービスを世界50以上の国と地域で提供しており、グローバルパートナーを合わせたアクティブユーザー数は10 億人以上です。アリペイは訪日観光客に最適な情報提供、有利な為替レートの適用によって、安心・快適な買い物をサポートしています。2019年年初、日本におけるアリペイの加盟店は30万店以上に達しています。

 

【WeChat Pay(微信支付/ウィーチャット ペイ)】

中国のIT企業「テンセント(中国名:騰訊)」が提供する中国で最も利用されているコミュニケーションアプリ「WeChat(微信)」内で提供されているモバイル決済サービスです。中国で100万店舗、日本でも7,000社の企業が導入しており、月間アクティブユーザーが8億人を超えます。

 

【LINE Pay(ライン ペイ)】

国内8,000万人以上が利用するコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」を通じてユーザー間での送金や、提携サービス・店舗での決済を簡単・便利に行うことができるモバイル送金・決済サービスです。モバイル時代の新たな決済インフラを目指し、2014年12月16日に全世界のユーザー向けにサービスを開始。日本国内の登録ユーザー数は3,200万人以上です。

 

【Coke ON(コーク オン)】

Bluetooth対応自販機「スマホ自販機」 TMと、専用スマホアプリ「Coke ON」を利用した、新しいデジタルマーケティングサービスです。「スマホ自販機」 TMと「Coke ON」を接続して飲料を購入すると、アプリ上にスタンプが1つ追加され、スタンプ15個で発行されるチケットと製品を交換できるロイヤリティープログラムや製品サンプリング、セレブリティを活かしたコンテンツなどを配信します。お客様に「買う」・「飲む」・「楽しむ」シーンにおいて、新しいサービスを提供します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PDF版リリースはこちらをご覧ください。