ニュース

ニュース

西日本で初となる「ラグビー日本代表応援自動販売機」を大阪府東大阪市に1号機設置

2019年03月15日

ニュースリリース

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年3月15日

日本コカ・コーラ株式会社

コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社

 

 

 

ラグビー日本代表を応援しよう!

西日本で初となる「ラグビー日本代表応援自動販売機」を大阪府東大阪市に1号機設置

 

 

日本コカ・コーラ株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:ホルヘ・ガルドゥニョ)は、2016年からラグビー日本代表のオフィシャルスポンサーとして、日本ラグビー界の強化と発展のため、男子と女子の15人制日本代表、7人制日本代表をサポートしています。その一環として、この度西日本で初めてとなる「ラグビー日本代表応援自動販売機」の第1号機をコカ・コーラ ボトラーズジャパン (本社:東京都港区 代表取締役社長:吉松 民雄)が、大阪府東大阪市に設置しました。
日本コカ・コーラは、コカ・コーラシステムの一員としてコカ・コーラ ボトラーズジャパンが所有するラグビーチーム「コカ・コーラレッドスパークス」(トップチャレンジリーグ)を応援しており、そのチームから現在、日本代表候補も選出されております。2019年は、ラグビー日本代表が世界に挑戦する重要な年であることから、日本コカ・コーラでは、ラグビー日本代表を応援し、日本のラグビー機運をより一層高めるため、「ラグビー日本代表応援自動販売機」の展開を進めています。この度、コカ・コーラ ボトラーズジャパンが設置する「ラグビー日本代表応援自動販売機」は、 西日本(大阪府)では初めてとなります。
今後も、さまざまな取り組みでラグビー日本代表を応援してまいりますのでご期待ください。

 

■「ラグビー日本代表応援自動販売機」の設置日および設置場所

・設置日 : 2019年3月14日(木)

・設置場所  : 大阪府東大阪市荒本北1-3-7-101

   

 

 

資 料

 

【コカ・コーラレッドスパークス 概要】

1966年(昭和41年)、日米コカ・コーラボトリング株式会社(現コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社)の  ラグビー部として福岡社会人ラグビーBリーグで活動を開始。1970年(昭和45年)には同Aリーグに昇格し、会社認定の体育会ラグビー部として活動をはじめる。転機となったのは、1994年(平成6年)から、カンパニースポーツとして強化に乗り出し、3年目の西日本社会人Bリーグで準優勝、5年目にはBリーグで優勝しAリーグ昇格を決める。2000年(平成12年)には同リーグで3位となり悲願であった全国大会に出場し、そして更なる飛躍を目指し、チームを強化。2005年(平成17年)にトップリーグ昇格を決め日本選手権に出場するチームに成長。

これまでに多くの日本代表選手を輩出している。

詳細は、コカ・コーラレッドスパークスオフィシャルサイトをご参照ください。https://club.ccbji.co.jp/ja/rugby/ 

 

 

 

 

 

 

PDF版リリースはこちらをご覧ください。