ニュース

ニュース

「手話パフォーマンス甲子園応援自動販売機」を設置

2018年08月21日

ニュースリリース

 

 

 

 

2018年8月21日

コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社

 

 

手話言語とパフォーマンスを通じた交流の推進及び地域の活性化に寄与

「手話パフォーマンス甲子園応援自動販売機」を設置

8月20日(木)、米子コンベンションセンターにて除幕式を開催

 

 

 

コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:吉松 民雄)と、手話パフォーマンス甲子園実行委員会(会長:平井 伸治)は、8月20日(月)、「手話パフォーマンス甲子園応援自動販売機」を、米子コンベンションセンター(鳥取県)へ設置しました。

 

鳥取県は、ろう者とろう者以外の者が互いを理解し、共生することができる社会を築く「手話言語条例」を2013年10月に制定し、その理念を実現すべく、全国の高校生が手話言語を使った様々なパフォーマンスを繰り広げる、「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」を毎年開催しております。

本自動販売機は、「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」の支援ならびにPRを目的に、県内に設置を進めており、今回で4台目の設置となります。売り上げ金の一部は、寄付金として実行委員会の活動にお役立て頂きます。

私たちコカ・コーラ ボトラーズジャパンは、地域の皆さまとともに歩む企業として、これからも地域に根ざした活動を応援してまいります。

 

●設置日 : 2018年8月20日(月) 16時20分~16時40分

●設置先 : 米子コンベンションセンター1階エントランスロビー(住所:米子市末広町294番地)

●出席者 : 手話パフォーマンス甲子園実行委員会 会長 平井 伸治 氏(鳥取県知事)

       公益財団法人とっとりコンベンションビューロー 理事長 石村 隆男 氏

       コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社 ベンディング山陰支店 担当課長 林原 茂

       公益社団法人鳥取県聴覚障害者協会 理事長 下垣 彰則 氏

       イラストレーター Clara (クララ)氏

       第5回全国高校生手話パフォーマンス甲子園応援サポーター 米子北高等学校 橘木 颯 氏

 

 

 

参考資料

 

■設置する自動販売機
 ユニバーサル(福祉)タイプ自動販売機(デザインにClara氏のイラスト)を使用)

 

■第5回全国高校生手話パフォーマンス甲子園の概要

(1)開催日時 2018年10月7日(日) 午前9時から午後4時まで(予定)
(2)会  場 米子コンベンションセンター 多目的ホール
(3)内  容 手話を使った歌唱、ダンス、演劇等のパフォーマンス
(4)出  場 予選を通過した20チーム(22校)(鳥取県からは4チームが出場)

【出場チーム(演技順)】
 1 琴の浦高等特別支援学校(鳥取県)※
 2 鳥取城北高等学校(鳥取県)
 3 日本女子大学附属高等学校(神奈川県)※
 4 境港総合技術高等学校(鳥取県)
 5 ノートルダム清心高等学校・広島南特別支援学校※(広島県)
 6 済美高等学校(愛媛県)※
 7 立川ろう学校・富士森高等学校※(東京都)
 8 聖心学園中等教育学校(奈良県)
 9 鳴尾高等学校(兵庫県)(選手宣誓)※
 10 黒石原支援学校(熊本県)※
 11 中央ろう学校(東京都)
 12 真和志高等学校(沖縄県)
 13 熊本聾学校(熊本県)
 14 岡崎東高等学校(愛知県)
 15 米子東高等学校(鳥取県)※
 16 三井高等学校(福岡県)
 17 横浜南陵高等学校(神奈川県)
 18 杏和高等学校(愛知県)
 19 田鶴浜高等学校(石川県)
 20 奈良県立ろう学校(奈良県)

  ※初出場チーム

 

 

 

PDF版リリースはこちらをご覧ください。