ニュース

ニュース

「コカ・コーラ」スリムボトル名古屋デザインボトル 売上の一部で「Aichi Free Wi-Fi」事業を支援

2018年04月20日

ニュースリリース


2018年4月20日
コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社

 

「コカ・コーラ」スリムボトル名古屋デザインボトル 売上の一部で「Aichi Free Wi-Fi」事業を支援

~愛知県とのコラボステッカーにより無線LANサービス提供施設をPR~

 

コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:吉松 民雄 以下当社)は、「コカ・コーラ」スリムボトル 名古屋デザインボトルの売上の一部を寄付金として、愛知県の訪日外国人 旅行者への対策費用に活用し、「Aichi Free Wi-Fi」事業において無料公衆無線LANサービス提供 施設の情報発信の促進を支援いたします。
おもな支援の内容としては、シンボルマークのコラボレーションステッカーの作成及び取引先店舗等への貼付け推奨、「Aichi Free Wi-Fi」ポータルサイトへの登録推奨など周知活動を行ってまいります。


大村秀章 愛知県知事(写真右)とコカ・コーラ ボトラーズジャパン 中部日本営業本部長 関敬介


■愛知県 大村秀章 知事のコメント
愛知県では2015年を「あいち観光元年」としてさまざまな取り組みとしている。昨年2017年は愛知県を訪れる訪日外国人の数は過去最高となった。「Aichi Free Wi-Fi」については、アクセスは伸びているもののまだまだ促進していきたいので、今回の取り組みで大きく拡大される事を期待している。

■コカ・コーラ ボトラーズジャパン 中部日本営業本部長 関敬介のコメント
今年1月コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社になったことで営業地域は広くなりましたが、各地域営業本部制度を設置し、「地域密着」と「顧客起点」を実践しています。中部日本営業本部として、今後も「Aichi Free Wi-Fi」事業のような地域に根差した活動に協力していきます。


■「Aichi Free Wi-Fi」概要                       

「Aichi Free Wi-Fi」とは、店舗や商店街、宿泊施設や観光施設などへの無料公衆無線LANの整備促進を図り、無料公衆無線LANサービスが提供されている施設における「Aichi Free Wi-Fi」シンボルマークの掲出や、愛知県が運営する「Aichi Free Wi-Fi」ポータルサイトでのWi-Fiマップによるアクセスポイント情報等を発信している無料公衆無線LANの事。
愛知県では誰もが無料で利用できる公衆無線LANを民設民営方式により宿泊・観光拠点等に整備及び情報発信することで、 観光客を誘引し、地域の活性化を図るため、「Aichi Free Wi-Fi」事業を行っています。


シンボルマークのコラボレーションステッカー



■「コカ・コーラ」 スリムボトル 名古屋デザインボトルについて

地域それぞれの観光名所をイラストで描き、スタイリッシュで特別なパッケージにデザインした「コカ・コーラ」スリムボトル 地域デザイン。武士と名古屋城がデザインされた名古屋 ボトルは2017年11月20日(月)から地域限定で発売しています。


 

PDF版リリースはこちらをご覧ください。