ニュース

ニュース

茨城県笠間市と「包括連携に関する協定」を締結
市民サービスの向上および地域活性化に向けて連携

2022年07月07日
コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社

コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長 最高経営責任者:カリン・ドラガン 以下、当社)は、7月7日(木)、茨城県笠間市(市長:山口 伸樹)と同市の市民サービスの向上および一層の地域活性化を図ることを目的とした「包括連携に関する協定」を締結しました。


当社と笠間市は当協定締結により、スポーツによるまちづくりに関すること、健康都市づくりに関すること、子どもおよび青少年の育成に関することなど多岐にわたる分野で連携し、協働で市民生活向上につながる取り組みを進めてまいります。


具体的には、「スポーツによるまちづくりに関すること」として、健康増進施設「ゆかいふれあいセンター」と、笠間市内公立中学校などに計7台、当社自動販売機を設置しました。最初の取り組みとして、今回設置した自動販売機の売上の一部を笠間市に寄付し、スポーツ振興に活用いただきます。

 

当社は、企業理念「Paint it RED! 未来を塗りかえろ。」のもと、すべての人にハッピーなひとときをお届けし、価値を創造するという「ミッション」の達成を目指し、本業を通じて地域が抱える課題を解決するため、共創価値の創造(Creating Shared Value : CSV)に取り組み、今後もあらゆるパートナーのみなさまと連携をはかってまいります。

 

締結式の様子(左から、当社 ベンディングエリア営業本部 東日本地区統括部 地区統括部長 山田 浩史、笠間市長 山口 伸樹 様)

 

笠間市に設置されたラッピング自販機のデザイン

 

【笠間市長 山口 伸樹 様のコメント】
スポーツは日常生活の一部で、すべての人が楽しむことができるものです。笠間市では、公民連携組織である「笠間スポーツコミッション」を中心として、「健康づくり」「アスリート育成」「部活動等の地域スポーツの振興」の3つの観点からのスポーツ振興策を推進しています。今回、共創価値を掲げるコカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社様との連携強化により、多くの方が笑顔になるような取組みを進めることができると考えております。笠間から元気を生み出すスポーツによるまちづくり。今後の展開にもご期待ください。

 

【当社 ベンディングエリア営業本部 東日本地統括部 地区統括部長 山田 浩史のコメント】
日ごろからお世話になっている笠間市様と当協定を締結し、市民サービスの向上や地域活性化に向けて連携できることをうれしく思います。今後、スポーツによるまちづくりに関すること、健康都市づくりに関することなど、多岐にわたる分野で笠間市様と連携し協働することで、笠間市を住みよい街として一緒に盛り上げていきたいと考えております。また、当協定に基づき設置する自動販売機の売上の一部をスポーツ振興に活用し、市民のみなさまへ更なるハッピーな瞬間をお届けできるようなお手伝いをさせていただきたいと考えております。

 

PDF版リリースはこちらをご覧ください。

※ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。