ニュース

ニュース

東京都三鷹市と「包括連携協定」を締結
市民サービスの向上および地域活性化に向けて連携

2022年01月21日
コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社

コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長 最高経営責任者:カリン・ドラガン 以下、当社)は、1月21日(金)、東京都三鷹市(市長:河村 孝)と同市の市民サービスの向上および一層の地域活性化を図ることを目的とした「包括連携協定」を締結しました。

 

締結式の様子(左から、当社 ベンディングエリア営業本部 東京地区統括部 地区統括部長 久保 健一、三鷹市長 河村 孝 様)

 

当社と三鷹市は当協定締結により、地域の活性化に関すること、市民の健康および福祉の増進に関すること、安全・安心なまちづくりの推進に関すること、環境の保全に関することなど、多岐にわたる分野で連携し、協働で市民生活向上につながる取り組みを進めてまいります。


最初の取り組みとして、循環型社会実現に向け利用者の意識向上のきっかけとなることを期待し、下連雀こでまり児童遊園に設置する自動販売機に、飲料容器の水平リサイクルを啓発するラッピングを施します。この自動販売機は災害対応型で、災害時には飲料を無償で提供するなど、緊急時に自動販売機を活用した支援も行います。
また当社自動販売機の売上の一部を市内施設のWi-Fi環境の整備・運用に活用いただき、市民の通信手段拡充・利便性向上への取り組みに役立てていただくことを予定しています。

 

当社は、企業理念「Paint it RED! 未来を塗りかえろ。」のもと、すべての人にハッピーなひとときをお届けし、価値を創造するという「ミッション」の達成を目指し、本業を通じて地域が抱える課題を解決するため、共創価値の創造(Creating Shared Value : CSV)に取り組み、今後もあらゆるパートナーのみなさまと連携をはかってまいります。

 

【三鷹市長 河村 孝 様のコメント】
新型コロナウイルス感染症について、感染の拡大と収束を繰り返す状況が続いております。このような状況下で、連携事項にございます、市民の健康および福祉の増進に関する施策は、今後、一層重要になると考えています。ぜひ、専門的な知見や、様々なネットワークを、三鷹市民のためにご協力いただけますと、心強い限りです。今回の協定により、様々な分野で有意義な連携が図られるよう願っております。 

 

【当社 ベンディングエリア営業本部 東京地区統括部 地区統括部長 久保 健一のコメント】
日ごろからお世話になっている三鷹市様と本協定を締結し、市民サービスの向上や、より一層の地域活性化に連携して取り組んでいけることを嬉しく思っております。今後、多岐にわたる分野で三鷹市様と密に連携を図り、市民の皆さまへハッピーな瞬間をお届けできるようなお手伝いをさせていただきたいと考えております。

 

PDF版リリースはこちらをご覧ください。

※ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。