ニュース

ニュース

広島県廿日市市と「包括連携協定」を締結
スポーツ活動推進を通じて、廿日市市の地域活性化に向け連携

2021年11月22日
コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社

コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:カリン・ドラガン 以下、当社)は、11月22日(月)、広島県廿日市市(市長:松本 太郎)と地域の活性化の実現に向けた取り組みを協力して推進していくことを目的とした「包括連携協定」(以下、本協定)を締結しました。


当社と廿日市市は本協定に基づき、スポーツ推進に関すること、教育・人材育成に関すること、SDGsの推進に関することなど、多岐にわたる分野で連携し、地域社会の発展および市民サービスの向上につながる取り組みを進めてまいります。特に、スポーツ活動を通じた地域の活性化に向けた取り組みを協力して推進していくことを重点課題とし、広島県に拠点を置く当社コカ・コーラレッドスパークスホッケー部によるホッケー教室やスポーツイベントなどを実施する予定です。


また、締結式当日は、本協定の連携事項として設置した「廿日市市女子野球タウン支援自販機」の除幕式も執り行いました。本自動販売機は、スポーツを通じ女性活躍を支援することを目的とし、廿日市市が一般社団法人全日本女子野球連盟から認定された「女子野球タウン」のロゴなどのラッピングが施されています。本自動販売機の売上の一部は今後、廿日市市女性野球の普及・発展に使用されます。


当社は、企業理念「Paint it RED! 未来を塗りかえろ。」のもと、すべての人にハッピーなひとときをお届けし、価値を創造するという「ミッション」の達成を目指し、本業を通じて地域が抱える課題を解決するため、共創価値の創造(Creating Shared Value : CSV)に取り組み、今後もあらゆるパートナーのみなさまと連携をはかってまいります。


■当日参加した、コカ・コーラレッドスパークスホッケー部 田中 泉樹のコメント
私たちも日頃、業務と競技を両立する女性アスリートです。今回私が所属するベンディング広島支店でこの企画が立ち上がり、支店のメンバーとして、そして女性アスリートとしていくつかのアイディアを提案しました。本日、「包括連携協定」の締結に至り、とても嬉しく思いますし、女性アスリートをイメージしてデザインされたこの自動販売機が女性活躍推進の一翼を担う存在になってくれることを願っています。今後スポーツを通じた地域活性化に寄与できるよう、引き続き業務と競技の両立に努めてまいります。

 

 

■廿日市市女子野球タウン支援自販機概要
設置日:2021年11月22日
設置場所:廿日市市役所1階市民ホール(所在地:広島県廿日市市下平良1-11-1) 

 

 

■「女子野球タウン」認定とは
廿日市市WEBサイト https://www.city.hatsukaichi.hiroshima.jp/soshiki/58/61176.html

 

PDF版リリースはこちらをご覧ください。

※ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。