ニュース

ニュース

コカ・コーラ社製品を東京都羽村市に寄贈
新型コロナワクチン接種を行う医療従事者を支援

2021年09月03日
コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社

コカ・コーラ ボトラーズジャパン(本社:東京都港区 代表取締役社長:カリン・ドラガン、以下、当社)は、新型コロナワクチン接種を行う医療従事者を支援することを目的に、9月3日、東京都羽村市へコカ・コーラ社製品の寄贈を実施いたしました。

 

昨年、新型コロナウイルス感染拡大の影響により社会が刻々と変化する中で、当社が本業を通じて地域社会への支援としてできることはないかと検討し、2020年4月から、医療機関・保健所、行政・自治体などを通じて、コロナウイルス感染症拡大防止に取り組む医療関係者の方々にコカ・コーラ社製品の無償提供を実施してまいりました。   

 

長期化するコロナ禍において、新型コロナウイルス感染症により影響を受け、支援を必要とする方々がいる状況は継続しています。このような背景から、地域の状況を最も詳細に把握している自治体と連携し、当社が本業を通じて協力できる支援として今回の製品寄贈を実施いたしました。今回、寄贈した製品は、羽村市スポーツセンターにて新型コロナワクチンの集団接種を行う医療従事者の方々への支援として配布される予定です。

 

今後も、当社製品を寄贈することにより、支援を必要とする方々に協力できるよう、各自治体の皆さまと連携してまいります。

 

※9月3日、東京都羽村市との製品寄贈の様子

 

■製品寄贈概要

日 時 :2021年9月3日

提供先:東京都羽村市

寄贈品:コカ・コーラ社製品 1,200本

 

当社は、企業理念「Paint it RED! 未来を塗りかえろ。」のもと、すべての人にハッピーなひとときをお届けし、価値を創造するという「ミッション」の達成を目指し、本業を通じて地域が抱える課題を解決するため、共創価値の創造(Creating Shared Value : CSV)に取り組み、今後もあらゆるパートナーのみなさまと連携をはかってまいります。

 

PDF版リリースはこちらをご覧ください。

 

※ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。