地域における活動(水資源保護のために)

循環型社会の実現に向けて

地域における活動

(水資源保護のために)

さわやか自然の森

各会場の水源域となる森林を「さわやか自然の森」と名付け、各自治体と協働管理協定を結んで森林保全活動を進めています。この「さわやか自然の森」は西日本エリアに9ヵ所あり、水源涵養面積は約2,200haになります。

い・ろ・は・す水源保全プロジェクト

えびの市をはじめ全国各地の「い・ろ・は・す」の6つの水源やその他の水源で、森林保全活動に取り組んでいます。
当社グループでは「い・ろ・は・す」の売り上げの一部を寄付することで、水源の保全に協力しています。

群馬県片品村での水資源保護活動

埼玉工場、ならびに岩槻工場の水源域の一つである群馬県片品村周辺域で、当地域に多くの森林を保有している日本製紙(株)と日本コカ・コーラ(株)は、森林資源および水資源の保全・保護に関する中長期の協働活動協定を2013年10月に締結いたしました。
また、当社も日本製紙(株)と森林保全に関する覚書を締結し、活動を始めました。

神奈川県厚木市での水資源保護活動

神奈川県と水資源保全活動に関する包括協定を締結いたしました。
本協定に基づき、厚木市ならびに厚木市森林組合とも、当社海老名工場で使用した水を、2020年までにすべて自然に還すことを目的とした「ウォーター・ニュートラリティー」の活動の支援を長期にわたりお約束する協定も、締結いたしました。

岐阜県恵那市での水資源保護活動

岐阜県ならびに恵那市、中野方地域協議会と水源の森づくり(水資源涵養)に関する協定を締結いたしました。本協定は、当社東海工場で使用した水を、2020年までにすべて自然に還す「ウォーター・ニュートラリティー」実現に向けた具体的な活動とその支援をお約束するものです。