みんなのハッピーのために

コミュニティに関する主な取り組み

地域における活動

(みんなのハッピーのために)

若者応援プログラム

多様化する地域の課題解決に向けて、自治体ならびにNPO法人をはじめとする、地元で活動する団体と協働で、次世代を担う若者を応援する取り組みを始めています。地域の未来に向けて、若者を中心に地元の方々と一緒に考え、課題解決に向けた取り組みにチャレンジしています。
福島県では、地元の若者が夏休み期間を利用して、NPO法人へのインターン活動の経験を通じて地域の課題を学び、福島県の復興に貢献することを応援する「チャレンジインターンシップ事業」を福島県、ふくしま地域活動団体サポートセンターと協働で取り組んでいます。

また、三重県ならびに特定非営利活動法人Mブリッジとの協働事業「U-29 ブレスト会議ミエミライ」では、地元の若者が地元三重県の幸せな未来に向けて課題解決のアイデアを一緒に考えるプログラムを通じて、若者を応援しています。

市村自然塾 九州

市村自然塾 九州は、「生きる力を大地から学ぶ」を基本理念とした青少年教育活動を推進する特定非営利活動法人です。子どもたちの健全な成長を支援するために、2003年開塾時から支援を行っています。
小学4年生から中学2年生までの塾生たちは、8ヵ月間にわたって週末の2泊3日を仲間たちやペアレント(世話人)とともに過ごし、佐賀県鳥栖市の豊かな自然の中で農作業を中心としたさまざまな活動を体験します。今日までに、803人の子どもたちが卒塾していきました。
農作物の栽培から収穫までの作業を通じたねばり強さや多様な自然の生態と命の大切さを学び、さらに共同生活を通じて『人として守るべき規律を身につけ、主体性・創造性などの資質を育む場』を提供しています。

市村自然塾 九州

環境教育イベントの開催

蔵王工場、多摩工場、東海工場では、地域の子どもたちとその保護者を対象に「サマースクール」を開催しています。コカ・コーラ社製品の製造工程における品質管理や水使用量削減などのさまざまな取り組みを紹介するほか、かけがえのない水を育む森の大切さについて学んでもらう体験型学習を実施しています。2017年は約1,200名の参加者に、工場見学と間伐材を使ったハガキづくりのプログラムを体験いただきました。

宮崎県のグリーンパークえびの(えびの工場)では、2007年より行政や市民団体、教育機関と協働で、夏休み期間中に小中学生向けの教育イベントを開催しています。2017年は17教室を開催し、約500人の親子が豊かな自然環境の中でさまざまな活動を通じて「考える力」を養いました。このイベントは行政からの高い評価を得ており、2016年2月に宮崎県より「明日のみやざきづくり表彰(協働部門)」を受賞しました。

クラシックコンサート

豊かな社会(心豊かな人材育成)づくりに貢献するため、1989年から地域のみなさまを対象に、本格的なクラシックコンサートを開催しています。2016年は大阪府、愛媛県、福岡県の3会場において幅広い年代のお客さまにご来場頂き、素晴らしい音色を堪能して頂きました。

詳しくはこちら

ファミリーミュージカル

親子の絆を育む活動として、1994年から夏休み期間中に親子で楽しめるファミリーミュージカルを開催しています。2016年は、知恵と勇気と友情の物語をテーマにした「ルドルフとイッパイアッテナ」を兵庫県、福岡県、鹿児島県の3会場で開催し、地域のお客さまを招待しました。親しみやすい演目のミュージカルで、ご来場頂いたお客さまに楽しいひとときを過ごして頂きました。

詳しくはこちら

地域で開催されるイベントへの協力

地域社会とともに歩む企業として、各地で開催されるさまざまなイベントに協力しています。2016年5月に広島市で開催された「ひろしまフラワーフェスティバル」では当社ホッケー部とラグビー部の選手が企業ブースを運営し、地域のみなさまと交流をはかりました。

東日本大震災 復興支援活動

2011年の震災直後から当社グループでは、東北地方の被災地復興を支援するボランティア活動を行ってきました。従業員が被災地で、復興に向けたさまざまなお手伝いをさせていただきました。

災害対応型自動販売機

大規模災害などの発生時、遠隔操作により無償で製品を提供できる自動販売機。災害時には、上部の電光掲示板に必要な情報を流すことも可能です。東日本大震災発生時には製品の無償提供が行われ、帰宅困難者の方々から感謝の声を多数いただきました。

奨学支援事業

コカ・コーラ教育・環境財団では、国際社会が求める青少年の育成、また地域社会を支える人材の育成に貢献することを目的に奨学支援事業を行っています。この事業は40年以上にわたり、経済上の理由により大学への進学が困難な状況にある学生を支援しています。2016年は新たに22人の学生が奨学生となりました。

※コカ・コーラ教育・環境財団奨学生は、毎年秋に各高等学校を通じて募集しています。

詳しくはこちら