SCM

基幹システム「Coke One」を活用し
高品質な物流オペレーションを

中日本物流グループ統括部
中日本物流オペレーション部 中日本業務課

Ryuun Y.

2005年入社。出身は淡路島の洲本市。業界・職種未経験で中途入社後、物流のさまざまな業務を担当。2021年10月からは業務課で基幹システム「Coke One」を使用した物流オペレーションに携わる。オフは運動不足解消を兼ねた、子どもとのスポーツを楽しむ。

Question 1

仕事内容を教えてください

基幹システム「Coke One」を使い、複数拠点の出荷オペレーションを担当

当社では1都2府35県の「物流体制の最適化プロジェクト」を進め、近年、基幹システム「Coke One」を導入し、全エリアの在庫や販売情報を一元的に管理しています。このシステムを使い、製品オーダーに対する引当(在庫確保)や出荷指示などのオペレーションを担うのが私たち業務課です。これまでは製品の出荷を担う各拠点でその作業を行っていましたが、「Coke One」を活用することにより一人で複数拠点のオペレーションが可能となり、今のチームでは7名体制で18拠点の作業をカバーしています。販売チャネルが多様化する中、拠点同士の連携を図り、効率的かつ、安定した物流の提供に取り組んでいます。

Question 2

入社理由を教えてください

将来を考えて地元で再就職。憧れのブランドを取り扱う企業で新たなチャレンジ

前職は兵庫県で勤務していましたが、子どもの出産、今後の育児のことも考えて、同じ出身地である妻と一緒に地元へ戻りました。そこで転職活動をしていた際に、知り合いに当社を紹介されたことがきっかけです。正直、「コカ・コーラ」という憧れのブランドに惹かれた部分は大きかったです。入社後は出荷業務やオーダー管理などを担当して、今は「Coke One」を活用して、複数拠点のオーダー管理を担っています。当社の「すべての人にハッピーなひとときをお届けし、価値を創造する」というミッションに取り組めることが、大きなやりがいです。

Question 3

今後の目標を教えてください

それぞれの強みを活かしながら、高品質な物流オペレーションを実現

「Coke One」を使用した物流オペレーションはまだまだ改善の余地があります。システムの有効的な活用法を担当拠点と共有して、より高品質な物流業務を目指すのが直近の目標です。いずれ出荷オペレーションも在宅勤務でできるようにしたいです。また、昨年とある社内研修に参加し、各部署の社員と交流して、さまざまな視点や考え方があることを知りました。今の部署も、物流一筋や営業出身などバックグラウンドの異なる社員で構成されています。物流は広範な部署や人と関わる仕事なので、それぞれの強みを理解して、相乗効果を生み出すような連携を取ることが、より高品質な物流業務への近道だと考えています。

Question 4

応募者へのメッセージ

どんな風に働いてみたいのか
具体的なイメージを持って入社を

当社はオン・オフのメリハリがあり、家族との時間も大切にできる働き方ができます。そのためにも、具体的な働き方をイメージして入社することが重要だと思います。