DIVERSITY TALK

ダイバーシティ座談会

  • ビジネスシステム本部
    アプリケーションマネジメントサポート課

    トマ・モルロ

  • SCM本部
    明石工場 製造課

    片岡 邦支

  • 総務本部
    障がい者雇用課

    高嶋 活士

  • 営業本部
    広域法人開発第一営業部 営業一課

    入部 梓

一人ひとりのライフキャリアを考える

当社では、ダイバーシティ&インクルージョンを推進し、社員一人ひとりの人権や個性を尊重し、認め合う企業風土を醸成しています。性別や国籍などに関係なく、すべての社員が能力を最大限に発揮できる環境で育まれた人材の多様性・多面性は、私たちの何よりの強みです。異なるバックグラウンドを持つ社員が集まり、自身のライフキャリアについて語りました。

CHAPTER 01

ライフキャリアを充実させ、
実り豊かな人生を

高嶋 私は馬術競技で東京2020パラリンピックを目指しているアスリート社員です。仕事は主に社員データの管理を任されています。トレーニング時間を考慮した勤務形態で出勤日が少ないため、周りとコミュニケーションを積極的にとり、関係部署への確認を怠らずに業務を進めることを意識しています。仕事とトレーニングで忙しい毎日ですが、オフは娘とたくさん遊んでリフレッシュ。休日は家族であちこち出かけて楽しく過ごしています。

入部 大手鉄道グループの新規取引先開拓を担当しています。子どもがまだ小さいので、現在は時短勤務を選んでいます。心がけているのは、意識して時間をつくり、有効に使うこと。時間のロスが出ないようスケジュールを工夫したり、仕事は常に前倒しで終わらせる、質問をするときはより具体的に伝えるなど、課のメンバーの協力も得ながら、時間に制約がある中で成果を出すよう心がけています。プライベートは高嶋さんと同じで子ども中心ですね。仕事の間は会えない分、一緒にいるときは成長をひとつでも多く見つけたいですから。

片岡 明石工場でPETボトルを成形するブロー機のオペレーションを担当しています。何よりも品質が最優先。厳しい品質管理体制のもと、「当たり前のことを当たり前にやる」をモットーに、不良品を出さないよう常に気を引き締めて業務にあたっています。それから、不規則な交代勤務なので、体調管理には人一倍気をつかっています。朝は必ず日差しを浴びる、夜勤明けは十分睡眠をとるといったことを心がけ、体のリズムをつくるよう努めています。休みの日は、家でのんびりすることが多いですが、数カ月前からジムへ通い始めたので続けていきたいし、ペットを飼うのもいいですね。

モルロ 社内ITシステムのアプリケーション管理やシステム全般の保守などのマネジャーとして活動しています。良い仕事をするには心身ともに元気であることが不可欠と考えており、日頃から食事に気をつけ、マメに体を動かすことを意識しています。またマネジャーの立場から、チームメンバーに良いコンディションで働いてもらえるよう、各々の働き方、能力、個性を尊重しながら仕事を振り分けるようにしています。ハードワークで平日はプライベートな時間をあまりとれませんが、休日はスイッチを切り替えて好きなことを存分に楽しみます。モーターサイクリング、スキューバダイビング、ハイキングなどで自然を満喫したり、美術館やギャラリーめぐりをして英気を養っています。

CHAPTER 02

さらなる活躍に向けて

高嶋 今後の目標は、まずは2018年の世界馬術選手権大会に出場すること。その次は東京2020パラリンピックです。これから海外遠征を含めて試合にたくさん出場し、成績を残していきたいです。その一方で、もちろん仕事もしっかりやっていきます。

入部 入社以来ずっと営業職で経験を積んできましたが、まだまだ引き出しが少ないと感じています。どんなお客さまとも、いろいろな話ができるようスキルアップしたいです。プライベートでは、子どもが成長して自分の時間がとれるようになったら、フルマラソンにチャレンジしたいですね。

片岡 現在担当しているのは、これまでずっと男性が担当してきた機械で、私が女性第1号のオペレーターです。自分の仕事が今後女性に任せられるかどうかの試金石にもなるので、大変やりがいを感じています。これからも後輩の女性社員たちの道筋をつくる仕事にチャレンジしていきたいです。

モルロ 「女性第1号」っていい響きですね。当社グループでは女性の活躍を推進していますが、今後は一層活動の幅を広げていかなければと思っています。たとえば、マネジメントポジションに就いている女性はまだまだ少ない状況。ポテンシャルのある女性社員がマネジャーにステップアップできる仕組みづくりをサポートしていきたいです。