PEOPLE
11

SCM本部
製造統括部
製造課長

青木 航

新卒入社

2003年入社

リーダーとして製造部門を牽引。
何でも納得いくまで話し合える仲間と最高の仕事を。

あらゆる角度から、工場の課題改善を図る

現在、担当されている仕事の内容を教えてください。

工場での生産管理を担当しています。約150名の製造スタッフのオペレーションを管轄し、コストや品質、労働安全衛生や人材の管理など、業務は多岐にわたります。コスト面だけでなく、安全面や人材管理の視点など、さまざまな角度から工場における課題点を見つけて改善を図っています。

とにかく、ものづくりが好きで

入社した経緯・理由を教えてください

一番のきっかけは、当時存在したコカ・コーライーストジャパンプロダクツから「初めての採用活動を行います」というメールが来たことです。ものづくりが好きで、機械関係・自動車関係に興味があった私は、食品業界を意識したことはなかったのですが、そのメールの「一期生」「今後を担う、幹部候補」という内容に興味を持ちました。就職活動を続けていくうちに、モノをつくる工程や業務内容、今後の展望などに更に興味を抱き、入社しました。

相手が深く理解してくれるまで徹底的に話し合う

コカ・コーラ ボトラーズジャパンに入社して良かったと思うエピソードを教えてください。

現場で働いていた頃、製造という業務はチームワークが大切であり、そのためには業務に関わる全ての人が潤沢なコミュニケーションをとることが肝要だと学びました。難しい課題にぶつかった時も、同じ意識を持った仲間と意見を闘わせ、想いを伝え合ってひとつのモノをつくっていけること、納得いくまで話し合えること、そしてそれを受け止めてくれる上司がいること。そのような環境や仲間に巡り合え、この会社に入って良かったと思います。

世界的なブランド力と人々の生活に寄り添う体制

他社と比較してコカ・コーラ ボトラーズジャパンの強みや魅力を教えてください。

「コカ・コーラ」という強いブランドがあってもなお、それを拠り所とせずに「ジョージア」や「アクエリアス」など、コカ・コーラ以外にも数多くの魅力的なブランドを有し、それぞれが世界有数のマーケットである日本において揺るぎない地位を確立していることが、当社の強みだと思います。
当社で働く魅力は、コカ・コーラシステムが掲げている “Beverage for Life”(人々の一生と日々の生活に寄り添う飲料)を社員として体現できること、そしてその成果を一消費者として体感し、自社製品を人々の生活に届ける役割を担えることです。

性別や国籍に関係なく働ける優れた環境

働く環境について教えてください。

現在では外国人の方も働いており、日本語が読めなくても、バーコードを読み込むことで製品を管理できるシステムが導入されたり、性別や国籍に関係なく、多くの社員にとって働きやすい環境ができつつあります。社会の変化に対応した労働環境をつくっていく企業こそ、社会に求められる企業であると考えています。

ONE DAY

SCHEDULE

9:00

出社

製造稼働状況および計画対比進捗の確認

9:30

全セクションによるStand upミーティング

セクション間の情報共有と短中期課題のすり合わせ

10:00

製造現場巡視
お取引先との打ち合わせ

12:00

昼食

同僚や部下と工場内の食堂にて

13:00

工場長・課長ミーティング

工場中長期課題の進捗確認およびSCM本部における課題インプット/アウトプット

14:00

シフトミーティング

15:00

新製品/テスト製造計画ミーティング

他セクションとの課題に関する対策準備

17:00

予算進捗・組織編成の確認および見通し策定

全セクションへ発信

18:00

退社

CAREER

PROFILE

2003年4月~2009年9月

所属:製造統括部 多摩工場 製造課
職位:一般職~主任
生産管理,機器オペレーション業務の実行。 機械整備計画、組織人員計画の立案、人財管理、教育計画の策定と実行。

2009年10月~2011年1月

所属:製造統括部 多摩工場 総務課
職位:主任
設備投資運用管理、予算策定実行管理、予実管理、 原液や原材料、資材の発注管理、生産計画調整、拠点内調整、行政との渉外業務など。

2011年2月~2012年12月

所属:製造統括部 製造管理部
職位:主任
設備投資運用管理、予算策定実行管理、予実管理、原価管理システムの導入、生産性改善プロジェクトなど。

2013年1月~2014年1月

所属:製造統括部 多摩工場 総務課
職位:主任
設備投資運用管理、予算策定実行管理、予実管理、原液や原材料、資材の発注管理、生産計画調整、拠点内調整、行政との渉外業務など。

2014年2月~2015年9月

所属:製造統括部 多摩工場 EOSH課
職位:課長
ISO14001、OHSAS18001運用に関する業務、都民の健康と安全を確保する環境に関する条例への対応、温室効果ガス排出量総量規制への対応、水質汚濁防止法等の関連する法令準拠、土地建屋建造物評価、コンサルタントとの現状調査によるデューデリジェンス。

2015年10月~2017年12月

所属:製造統括部 埼玉工場 製造課
職位:課長
製造原価の低減(原液原材料資材のロスカット、使用資材見直し、人員配置見直し)業務効率化による労働時間の削減、有休暇取得率の向上など。

Prev
星川 晴奈
Next
桑原 里枝