【応募終了】7/1~レジ袋有料化スタート!
プラスチックへの課題解決に向けた当社の取り組みをご紹介。
抽選でコカ・コーラレッドスパークス オリジナルエコバックをプレゼント!

2020年7月1日より、全国でプラスチック製買物袋の有料化がはじまりました。これは、普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考え、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的とされています。(参考:経産省Webサイト)プラスチックごみ問題に対する関心が日本・世界で高まるなか、世界のコカ・コーラシステム、そして日本国内のコカ・コーラシステムで取り組んでいる社会的課題についてご紹介します。

コカ・コーラ ボトラーズジャパンのCSV(Creating Shared Value)「共通価値の創造」

コカ・コーラ ボトラーズジャパングループは、かけがえのない水や原材料などの資源を大切に使用し、すべてのお客さまへ高品質、高付加価値の製品を提供することで、社会価値と経済価値を創出し、持続的成長の実現を目指しています。
※CSVレポート2020を6月25日に公開しました。詳しくはこちらから

当社の「資源(プラスチック容器)」とのかかわり

CSV活動の中でも、世界のコカ・コーラシステム全体で取り組む「廃棄物ゼロ社会(World Without Waste)」の実現は、最重要課題の一つです。
容器/PETの課題解決に向けては、容器の2030ビジョンのもと「設計」「回収」「パートナー」という3本の柱を元に具体的な数値目標を掲げ、製品のライフサイクルにおける包括的な取り組みの実行に向けて歩みを進めています。

「廃棄物ゼロ社会(World Without Waste)」 3つの柱と容器の2030ビジョン

2020年最新の取り組み

「ボトル to ボトル」リサイクルで、「い・ろ・は・す 天然水」が100%リサイクルPETに

軽量化やスタイリッシュなデザインが発売当初から話題となった「い・ろ・は・す 天然水」が、2020年3月に、100%リサイクルPETボトルとして新たに生まれ変わりました。また同4月には当社初のラベルレス製品が誕生しました。

私たちのPETボトルが、「100%リサイクルPETボトル」や、「植物由来PET樹脂使用」などへ仕様を変えていきます。また、レジ袋の有料化により使い捨て買物袋の削減を奨励する今回の政府の方針は、環境負荷を減らし、再利用可能なエコバッグや私たちのライフスタイルを見直す機会です。
環境と共存するために、重要なことを考え、取り組んでいきましょう。

コカ・コーラレッドスパークスラグビー部内でも環境に関する取組を実行中!

猿楽 直希 選手、木下 修一 選手、猿渡 康雄 選手

コカ・コーラレッドスパークスラグビー部の選手たちは、お得意さま(スーパーマーケット)の営業などで店舗を訪問させていただいています。
最近は特に、エコバックを使用するお客さまを見かける割合が増えたとか…

「小さくまとまるので、カバンに常備しています!素材も丈夫なので重たい飲料などのお買い物にもピッタリですよ。」

「エコバックを使用するとで、日ごろの環境に対する意識が変わりました。」

「最初は小さな取り組みでも、一人ひとりの意識を徐々に広げ、チームから社会に波及できるよう未来につなげていきます。」

など、選手からも前向きなコメントが!

選手・チームにおいて環境や資源に関する知識を深め、取り組みの内容を配信していくことで、コカ・コーラ ボトラーズジャパングループの一員として、社会課題解決の一助となれるよう活動を続けていきます。

・環境に関する取り組み「ボトル to ボトル」についての動画はこちら
https://youtu.be/oee7de2WOm0

・コカ・コーラレッドスパークスラグビー部公式Webサイト
https://club.ccbji.co.jp/ja/rugby/

PETボトルは大切な資源です!

コカ・コーラ ボトラーズジャパンは、清涼飲料企業としてWorld Without Waste“(廃棄物ゼロ社会)の実現に向けさまざまな活動を実施してまいります。
ぜひみなさまも「ボトル to ボトル」の活動にご協力をお願いします。

その他、当社の環境への取り組みはこちらから。
https://www.ccbji.co.jp/csv/environment/

抽選で10名さまにコカ・コーラレッドスパークスオリジナルエコバックをプレゼント

※応募締め切り:応募は終了いたしました。
※当選者の発表は、商品の発送をもって代えさせていただきます。(色はお選びいただけません)
※このプレゼントへご応募時にご提供いただきました個人情報は、このプレゼントの当選時のご連絡および発送にのみ利用します。当社の個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご確認ください。