「コカ・コーラ+あすけん」自販機が従業員の健康管理をサポート!

従業員の健康管理は、企業にとって積極的に取り組むべき案件ですが、どこから始めていいかわからないという事業者もいるでしょう。そこで、コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社は、株式会社unerryと株式会社askenと連携し、健康管理サービス「健康自販機スポット produced by コカ・コーラ+あすけん」(以下、健康自販機)を2019年12月2日より開始いたしました。

この取り組みにより、健康自販機が従業員の「健康スポット」となり、企業側のコスト負担も実質ゼロで健康管理をサポートしていきます。

健康自販機で従業員の健康を目指せる5つの理由

実際に、企業が健康自販機を設置した場合、どのようにして従業員の健康をサポートできるのでしょうか。
その理由は5つあります。

  1. (1)視覚効果で健康意識が向上
    1つ目の理由は、健康自販機にオリジナルラッピングが施されていることです。ドリンクを購入するたびに「健康自販機スポット」「あなたのための栄養士」などの文字を目にすることで、自然に従業員の健康意識が向上し、健康管理アプリ「あすけん」をスマートフォンにインストールすることを促します。
  2. (2)あすけんアプリが健康コラムを配信
    あすけんアプリがインストールされたスマートフォンを健康自販機に近づけると、内蔵されたビーコンが探知して「健康コラム」などを配信します。これにより、健康自販機周辺が「健康サービススポット」となり、従業員に健康意識が芽生えます。
  3. (3)食事や運動の記録をつけて健康管理に利用
    従業員に芽生えた健康意識をバックアップするため、あすけんアプリでは、毎日の食事や運動の記録が可能です。毎日記録をつけることで、自分自身の健康管理意識を高めることに役立ちます。
  4. (4)AI栄養士のアドバイスを受けられる
    記録されたデータをもとに、あすけんアプリから食事診断など「AI栄養士のアドバイス」が配信されます。従業員は、このAI栄養士のアドバイスに従って、食事内容や運動量を改善するよう努力します。
  5. (5)ドリンクチケットの配布でモチベーション維持に協力
    健康管理に役立つとわかっていても、毎日食事や運動の記録をするのは大変です。そこで、アプリへの食事記録が「月間で通算10日間分ある」こと、健康自販機に近寄ることが「月間で通算10日間分ある」ことの2つの条件をクリアすることで、お好きなコカ・コーラ社製品と引き換えできる「Coke ON ドリンクチケット」を、最大2枚配布いたします。これにより、従業員の健康管理へのモチベーション維持をバックアップいたします。