コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス株式会社

神奈川中央第一事業所

大和セールスセンター

大須賀 力

2009年入社

自動販売機を通じ、コカ・コーラ社製品の

販売最前線を担う喜びと誇りを感じています。

ホーム > 社員紹介 > 大須賀 力

ミッションは、
目標達成に向け、多くのメンバーを
モチベートすること。

現在の仕事の内容を教えてください。

セールスセンターに所属するセールススタッフたちを統括する「ディスパッチャー」を務めています。そのミッションは、多くのメンバーに、やるべきこととその目的を理解してもらい、モチベーションを高め、みんなが同じ方向に向かって進む道筋をつくることです。

そこで私が心掛けているのは、メンバー一人ひとりにただ目標を与えるだけでなく、どうすればその目標を達成できるのか考え実行してもらうこと。
そのため、メンバーにはいつも、「どうしたら達成できる?」という聞き方をするようにしています。メンバーみんなに、私がセールスパーソン時代に感じていた工夫する喜びに気づいてもらいたいし、また、毎日ルートを回っている現場のメンバーこそが、一番目標達成に向けての"答え"を知っていると思うからです。
日々メンバーと向き合う中で、一人ひとりが成長し、その結果、チームが一つになって目標をクリアしていく達成感は格別です。

オペレーションのすべてを
任せてもらえる
喜びがあります。

この仕事が好きな理由、一番うれしかったことに
まつわるエピソードを教えてください。

商流、物流から売り方の工夫まで、つまり自動販売機オペレーション業務のすべてを任せてもらえる、セールスパーソンの仕事が何よりも好きです。

例えば、現場での情報収集もセールスパーソンの大事な仕事。オフィスビルを担当していたときは清掃員の方々と仲良くなり、雑談の中で、「今度、外資系のテナントが入る」「○○のイベントが開催される」など旬の情報を入手していました。

そうした情報から、「製品構成をこう変えよう」「この製品を多く投入しよう」などと次に打つべき施策を考え実行して、成果を出していく。そこに大きな喜びがありました。

誰もが知っているブランドの
販売最前線で
働きたいと思いました。

ズバリ!この会社を選んだ理由は何でしょうか。

「絶対に需要がなくならない」という理由で、食品・飲食業界に絞って就活をしました。

その中で当社に決めたのは、「コカ・コーラ」といえば知らない人がいない、誰もが知っているブランドであり、そんな会社の一員として働きたいと思ったからです。

入社後、セールスパーソンの仕事を通して、自動販売機は一つ一つがいわば"売場"であり、自分は"売場"の責任者なのだと実感。

自分の工夫や努力次第で目標を達成することのできる、この仕事の面白さに気づき、ますますコカ・コーラ社製品の販売最前線の一翼を担う一員であることに誇りを感じるようになりました。

CAREER STEP

FUTUER

2019年 4月 営業
2019年 4月 管理職

働く人がいてこそ、会社は成り立つ。
私はそう思っています。だからこそ、直接的であれ間接的であれ、これからも現場のメンバーたちに関わっていきたいですし、そうした中で、メンバーみんなが笑顔で働ける職場環境をつくり続けていきたいと考えています。

MESSAGE

日頃、みなさんが何気なく利用している自動販売機。
そこにはみなさんが知らない、やりがいのある仕事があります。私も入社前は知らなかったのですが、働き始めて自動販売機に対する見方ががらりと変わりました。

ぜひ、奥深い自動販売機オペレーション業務に挑んでみませんか?