コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス株式会社

神奈川中央第一事業所

横浜セールスセンター

岡 裕史

2011年入社

自動販売機の魅力を、

お客さまに届ける喜びを実感しています。

ホーム > 社員紹介 > 岡 裕史

売上のセールス最大化に向け、
戦略を立てた上で
日々仕事に取り組んでいます。

現在の仕事の内容を教えてください。

みなとみらいエリア、オフィスビル、病院など担当ルート内の自動販売機を訪問し、製品の補充や売上管理を行っています。
難しいのは、自動販売機の設置場所によって客層も売れ筋も異なること。売上予測データや自分が現場で収集した情報を勘案しつつ、売上の最大化を目指すにはどうすればいいか、知恵を絞り、日々のルートや製品ラインナップなどの計画を立てています。

もちろん、「本来売れるべき自動販売機が売れていない」など自分の思い通りにいかないこともあります。
そんなときは、「売り切れによる売り逃しがないか」「製品構成はこれでいいのか」「併設する他社の自動販売機と比較した場合どうなのか」等、原因を追求し対策を立てて実行します。
こうした日々の努力の積み重ねによって、目標を達成したときの喜びは何ものにも替え難いですね。

取り組みの結果が
すぐに目に見えることが、
やりがいにつながっています。

この仕事を好きな理由、一番うれしかったことに
まつわるエピソードを教えてください。

この仕事を好きな理由の一つは、自分の取り組みの結果がすぐに見えることです。例えば、オフィスの同じフロアでも端と端に設置している自動販売機の両方を同じような製品構成にしてしまうと、お客さまに魅力を感じてもらえなくなります。

そこで、両方に売れ筋製品は入れるものの、それ以外の製品に変化を持たせるなど工夫すると結果が違ってきます。訪問時に「こんなに買ってくれるんだ!」とわかると最高にうれしいですね。

また、担当先のお客さまとのふれあいもこの仕事の魅力です。四国での実績が認められ、関東エリアでのオペレーション業務に携わる機会ができた際、お得意さまに挨拶に回り、みなさんに別れを惜しまれたときは、「今まで自分がやってきたことは間違ってなかった」と思い胸が熱くなりました。

決め手は、地元・四国の中で
有数の企業だったこと。

ズバリ!この会社を選んだ理由は何でしょうか。

大学卒業後、地元の四国で就職しようと思ったのは、「満員電車が嫌だから」でした。当社に決めたのは、四国で有数の企業だったから。高校時代、ラグビーを経験していたことから体力には自信があり、この仕事に向いていると思ったのもありました。

実は、「自動販売機に製品を補充するだけだろう」とかなり甘い気持ちで入社しました(苦笑)。

しかし、実際やってみると全然違いました。訪問計画から売上戦略、お客さま対応に至るまで、ものすごく頭を使う仕事だとわかったのはうれしい誤算でした。

CAREER STEP

FUTUER

2019年 4月 営業
2019年 4月 管理職

横浜セールスセンターに異動して間もない今の目標は、担当ルートの売上を安定させることです。よりルート内の客層や売れ筋等の傾向などがつかめたら、効果的な施策を打てるようになると思っています。
また今後は、シニアセールスパーソンとして、チーム全体の動きを把握し、メンバーを育成することが求められます。その先に、これまでとは違った仕事の面白さも見出せるのではないかと期待しています。

MESSAGE

「コカ・コーラ」は、お子さまからお年寄りまで、知らない人がいないブランドです。
制服もかっこよくて(笑)、訪問先で制服を褒められることも多いです。
私たちは担当ルートでは会社のカオ。

自信と誇りをもって仕事をしています。体力に自信があって、明るくて元気な人に仲間になってほしいですね。